学ぶ

時間を紡ぐ【生きているとは何か・3月】書・文/中村桂子

3月・時間を紡ぐ

生きるとは

書・文=中村桂子(生命誌研究者)

育児の時に最も多く使う言葉が「早くして」だと言われます。私もそうでした。家庭にも様々な機械が入り便利になったのは有難いのですが、その結果効率が大事とされるようになりました。

学校でも早くお答えの出せる子がよい子であり、ゆっくり、じっくり型はダメな子とされてしまいます。

人間は機械ではありません。じっくり考え、丁寧に手を動かすその時間こそが生きる実感のはずです。

過程を大切に、一人一人が自分の道を着実に歩く社会って素敵だと思うのです。

『家庭画報』2021年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading