美容・健康

【新春、健康づくりは家庭から!】藤波辰爾さんご一家に学ぶ健康習慣

伽織さんの作る“勝負料理”が、家族のパワフルな毎日を支える

プロレスラー藤波辰爾ご一家

究極の体育会系。藤波家の料理番は伽織さんの天職

伽織さんは「たった一日、料理を作れないだけでストレスがたまる」というほど料理好き。暇さえあればキッチンに立ち、レストランの味を再現してみたり、珍しい食材で新メニ ューを考案したり――。オリジナル料理の何点かは商品化され、今冬、 なんとニューヨークの日系スーパー でも販売されることになりました。

「格闘家の条件は好き嫌いがないこと。闘える体を維持するには食事からスタミナを得なければ。私は妻に胃袋をガッチリつかまれています」と話す辰爾さん。子どもたち二人ともプロスポーツ選手という体育会系一家の料理番として、伽織さんほどふさわしい女性はいないでしょう。

辰爾さんが最も忙しかった1980年代、伽織さんもキッチンで闘っていました。対戦前の数日間は筋肉に変わりやすい鶏肉でたんぱく質を摂り、当日は消化がよくエネルギーの長持ちするパスタ系を、試合開始 六時間前には食べ終えるように用意。 六四歳の今も現役で闘える体はこう してつくられてきたのです。

「プロレスラー藤波辰爾さん一家の食卓。妻・伽織さんが作る正月大皿料理」に続く>>

写真右から反時計まわりに、藤波辰爾さん/プロレスラーデビューは17歳。今なおリングで闘い続ける、一家の大黒柱、愛称「ドラゴン」。本年の抱負は「ギネスに挑戦!」。 伽織さん/祖母から受け継ぐ料理の腕。お母さまの沼谷トミ代さんが描いた源氏物語のおきもので。本年の抱負は「ステップアップ」。 美有さん/体力は父ゆずり、美貌は母ゆずり。一人暮らし8年目、料理は修業中のプロゴルファー“みいちゃん”。本年の抱負は「内側から美しく」。 怜於南さん/ 父に憧れ、レスラーになった「ドラゴン二世」は好青年。リング名LEONA。24歳。本年の抱負は「戦い抜く体と健康」。

撮影/篠山紀信
きものコーディネート/相澤慶子(藤波美有さん)
着付け/小田桐はるみ
ヘア&メイク/室岡洋希〈スリーピース〉(藤波伽織さん・美有さん) KUBOKI〈スリーピース〉(藤波辰爾さん・怜於南さん)
取材・文/浅原須美

 

「家庭画報」2018年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading