美容・健康

簡単&ヘルシーな家飲みおつまみ「パックごと豚肉の味噌チーズはさみ焼き」レシピ

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧ゲストの一覧

365日美と健康のお悩み相談室

【お悩み】毎日の晩酌が楽しみ。健康と美容にいいおつまみは?

毎日の晩酌のお供に、手軽でおいしく、栄養バランスがいいのはもちろん、美容にもいいおつまみを知りたいです。

【回答】糖質オフでアンチエイジング効果も期待できる2品を紹介

おいしくて簡単なだけでなく、美容にもいい――そんな欲張りな願いを叶えるおつまみ献立が、「パックごと豚肉の味噌チーズはさみ焼き」と「オクラとミニトマトの山椒風味焼き」です。

自身も糖質オフのメニューを実践しているという井原裕子さんの著書『ひとり飲みのやせるつまみ』より紹介します。

味噌とチーズ、2つの発酵食品でアンチエイジング

「豚肉の味噌チーズ焼きは、味噌もチーズも発酵食品なのでアンチエイジング効果も。サブおかずのオクラとミニトマトもフライパンで焼きますが、山椒の香りをきかせればまた違った味わいになります。ビタミン、食物繊維たっぷりの組み合わせです。

豚肉は重なったまま焼くので手軽。パックから出したら、半分に切ってたたいて軽くのばします。スライスチーズがはみ出すときは、適当に折って肉の大きさに合わせましょう。

オクラは軽く焼き色がつくくらい、ミニトマトは皮がはじけるくらいがおいしい焼き加減。取り出してから塩、山椒をふりましょう。オクラのかわりに菜の花やスナップえんどうも使ってもおいしいですよ」(井原さん)

パックごと豚肉の味噌チーズはさみ焼き

<材料(1人分)>
・豚もも薄切り肉 120g
・しめじ 1/2パック
・長ねぎ 5cm
・みょうが 1個
・スライスチーズ 1枚
・味噌 小さじ1
・塩、こしょう 各少々
・太白ごま油 小さじ2

<作り方>
1.しめじは根元を切り落とし、3~4等分にほぐす。長ねぎは斜め薄切りにし、みょうがは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。

2.豚肉はパックから重なったまま出し、長さを半分に切り、手でたたいてのばす。豚肉の半分の上に味噌を塗り、チーズ、長ねぎをのせ、もう半分の豚肉を重ねてはさむ。

3.フライパンに油を熱し、2、しめじを入れて豚肉は中火で2分焼き、裏に返してふたをして弱火で3~4分焼く。しめじは上下を返しながら火を通し、焼き色がついたら塩、こしょうをふる。

4.器に3を盛り、みょうがを散らす。※みょうがの代わりにねぎを使ってもOK。柑橘をしぼってもおいしい。

オクラとミニトマトの山椒風味焼き

<材料(1人分)>
・オクラ 5本
・ミニトマト 3個
・塩、粉山椒 各少々
・太白ごま油 小さじ1

※オクラのかわりに菜の花やスナップえんどうを使ってもOK。

<作り方>
1.オクラはガクをぐるりとむく。ミニトマトはへたを除く。
2.フライパンに油を熱し、1を入れて転がしながら焼いて取り出し、塩、粉山椒をふる。

井原裕子/Yuko Ihara

愛知県名古屋市出身。料理家。食生活アドバイザー、ジュニア野菜ソムリエ。米国、英国に約8年間在住した後、料理研究家のアシスタントを約12年間務め独立。雑誌や書籍などのレシピ提案のほか、企業の商品開発、レストランのメニュー開発など、食に関わる幅広い分野で活躍。http://www.iharayuko.com


 

イラスト/umao 撮影/西山 航 編集協力/山岸美夕紀


質問・お悩みを募集中!・・・読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading