美容・健康

米倉涼子さんの「気になる医学」山中伸弥教授/iPS細胞、その夢と希望。父への想い

今、会いたい科学者に聞く 米倉涼子の「気になる医学」 2012年のノーベル生理学・医学賞受賞から8年。山中伸弥教授の研究グループが作製に成功したiPS細胞(人工多能性幹細胞)は、世界各国で再生医療・創薬における研究成果を着実に広げ、病に苦しむ人々の夢と希望になっています。大人気ドラマ『ドクターX』で関連話題を取り上げたこともあり、iPS細胞や再生医療に興味津々の米倉涼子さん。iPS細胞研究の現状から未来への展望、その舞台裏まで、山中伸弥先生と語り合いました。

※本対談は2020年9月1日に、感染予防対策を徹底して行いました。

米倉さん

新型コロナウイルスの感染予防対策で久しぶりのご対面はモニター越しに。iPS細胞研究の第一人者、山中先生と美容面での研究開発にも関心がある米倉さん。大いにお話は盛り上がりました。コート21万円 ニット8万6000円 パンツ9万8000円/すべてステラ マッカートニー(ステラ マッカートニー カスタマーサービス) 靴8万9000円/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)

山中伸弥先生(京都大学iPS細胞研究所所長・教授)

山中伸弥先生

米倉さんから見た山中先生の印象→「日本の知性を代表するかた。患者さんを想う誠実なお人柄が伝わってきました」

山中伸弥(やまなか・しんや)
1962年9月4日生まれ。大阪府出身。B型。神戸大学医学部医学科卒業。臨床研修医を経て、大阪市立大学大学院で博士号取得。米国グラッドストーン研究所留学、奈良先端科学技術大学院大学教授を経て、2004年京都大学教授就任。06年マウスiPS細胞、07年ヒトiPS細胞を世界で初めて作製したことを発表。10年に京都大学iPS細胞研究所所長就任。12年ノーベル生理学・医学賞受賞。20年4月より公益財団法人京都大学iPS細胞研究財団理事長兼務。

●心の支え/私を医学の道へと導いてくれた亡き父、そして亡き母、妻や娘たち。家族がいるから仕事も頑張れています ●特技/強いてあげるなら13年間、日本と第2の研究活動拠点サンフランシスコを毎月往復し、地球100周分以上、飛行機に乗っていること ●趣味/ジョギング ●座右の銘/「人間万事塞翁が馬」

試験管1本分の血液から作り出せるiPS細胞

米倉さん(以下敬称略) 山中先生、お久しぶりです。今日はオンラインでの対談、どうぞよろしくお願いいたします。

山中先生(以下敬称略) ご無沙汰しております。よろしくお願いいたします。

米倉 さっそくですが、iPS細胞研究の第一人者である山中先生が日本のかたなので、私にとってiPS細胞はすごく身近なイメージなのですが、わかっているようなわかっていないような……。iPS細胞や再生医療はどう理解すればいいのでしょう?

山中 iPS細胞とは誰からでも、例えば、米倉さんから試験官1本分採血させていただくと、そこから作り出すことのできる細胞なんです。血液の細胞など分化した体細胞自体は増えませんし、ほかの細胞に変わることはないのですが、それをiPS細胞に作り替えると好きなだけ増やせて、そこから脳の神経細胞や心臓の筋肉の細胞など、さまざまな細胞にすることができるんですね。

それを患者さんに移植して細胞の機能回復を図るのがiPS細胞を使った再生医療研究で、薬の分野では、患者さんの体細胞から作ったiPS細胞で病気の症状を再現し、薬を開発する研究が行われています。

米倉さん

2020年4月に個人会社を立ち上げた米倉さん。「世界中が大変な状況ですが、今できること、すべきことを前向きに考えて、一歩を踏み出し、進んでいきたい」。ドレス24万1000円/エミリオ・プッチ(エミリオ・プッチ ジャパン) ピアス74万円 ネックレス137万9000円/ともにダミアーニ(ダミアーニ 銀座タワー)靴10万円/セルジオ ロッシ(セルジオロッシ カスタマーサービス)

米倉 前に『ドクターX』で、シャーレに入った薄いシートを患者さんの心臓にのせて閉じるという心臓手術の撮影をしたことがあります。そのシートが患者さんの心臓の細胞になり、働きを助けるというお話でした。

山中 まさにそのような研究が今、盛んに行われています。大阪大学の心臓血管外科医・澤 芳樹先生は2007年に世界で初めて、重症心不全の患者さんにご本人の筋肉から培養した心筋細胞シートを移植した手術の執刀医です。現在は、iPS細胞から心筋シートを作成するという新しい治療法の臨床試験に取り組まれています。

オンライン対談の様子

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading