アート・カルチャー・ホビー

「ヨックモック」が収集したピカソの陶器作品が見られる美術館がオープン

EDITOR’S REPORT 街に溢れるさまざまな情報の中から、編集部員が読者の皆さまに役立つものを厳選して紹介します。新しくオープンしたレストランやショップ、アイディアが光る新商品など、日々の暮らしをより楽しく、豊かにしてくれる情報をお届けします。記事一覧はこちら>>

ピカソの珍しい陶器コレクションに出会える美術館が誕生

ピカソが愛した女性をモチーフにした花瓶

ピカソが愛した女性をモチーフにした花瓶。PABLO PICASSO,Tripod Vase with Head of Woman,1951,A.R.125 Ⓒ2020-Succession Pablo Picasso-BCF(JAPAN)

東京・南青山に、洋菓子ブランド「ヨックモック」が収集したピカソの陶器作品を間近に見られる、小さな美術館が開館しました。

ライブラリースペース

ピカソ関連の書籍が閲覧できるライブラリースペース(美術館またはカフェの利用必須)。

ミニャルディーズセット

併設のカフェでいただけるミニャルディーズセット1100円。写真は爽やかなレモンとヌガーの香ばしさが絶妙な「ヴァローリス」。

1946年、ピカソは南仏の小さな陶芸の町・ヴァローリスを訪ね、そこで工房を構える陶芸家のラミエ夫妻と出会ったことをきっかけに陶芸制作を始めます。

作品には愛らしい顔を描いた皿が多くみられる

作品には愛らしい顔を描いた皿が多くみられる。PABLO PICASSO,Vallauris,1956,A.R.331 Ⓒ2020-Succession Pablo Picasso-BCF(JAPAN)

晩年にかけて数千点もの作品が制作されましたが、ヨックモックは世界でも有数のコレクターとして、500点以上所蔵しています。

館内には100点近い作品が展示され、2階展示室の壁面には植物や動物をはじめ、ピカソが好んで観戦した闘牛などが描かれた54点もの皿が並べられています。

2階展示室

南仏の空気感漂う2階展示室。

地下1階の展示室ではケース越しではなく直に見られる作品もあり、その一点一点が放つ明るい色彩と大胆な筆致は訪れる人を圧倒します。

建物の設計は、隈研吾建築都市設計事務所から独立した建築家、栗田祥弘氏。「市中の山居」を思わせる光溢れた空間が迎えてくれます。

都会の喧騒から離れた、静かな住宅街に佇む

都会の喧騒から離れた、静かな住宅街に佇む。

Information

ヨックモックミュージアム

東京都港区南青山6-15-1

TEL 03(3486)8000
開館時間 10時~17時 ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜(祝日の場合は翌平日)・年末年始・展示替え期間
観覧料 一般1200円(税込み)

https://yokumokumuseum.com/

『家庭画報』2021年1月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading