美容・健康

まつ毛に理想の長さとボリュームを。ランコムのマスカラ&新作セラムの使い心地は?

毎月ビューティーアンバサダーが、話題の美容新商品をお試し。それぞれの視点から語られるレビューや、美しく輝き続けるための美容秘話は必読。今月のビューティアンバサダーは、女優の高島礼子さんです。

「年齢変化が気になり始めたまつ毛にハリとボリュームを与えてくれる美容液。目力アップの心強い味方です」高島礼子さん

ランコム シィル ブースター ラッシュ セラム ヴィルトゥーズ ドール アイ

商品詳細は次ページ

「優しく軽やかで、印象深い目もとが私のアイメイクのテーマ。この2品でそれが叶います」高島礼子さん

仕事のときもメイクアップは自分ですることが多いです。女優デビューの撮影現場が京都の太秦で、そこでは自分で化粧するのが慣習なものですから、いつしか身について、そのまま今に至ります。

アイメイクはアイライン重視派でしたが、年齢とともに、まぶたにハリがなくなってきたせいか、最近は濃く描いても、画面に映った自分の顔を見ると、ライン効果がいまひとつと感じるようになりました。

こうなると、まつ毛の存在感で目力をアップさせるしかないのかなと思いながらも、昔と比べて短くまばらになってきているので、やみくもにボリュームマスカラを塗れば解決するわけでもなさそう。

つけまつ毛という選択肢もありますが、重々しいのは好みではありませんし、つけ心地やもちが気がかりで抵抗感があるんですね。

そんな経緯から、このまつ毛美容液「シィル ブースター ラッシュ セラム」は本当にタイムリーに使わせていただきました。

私ぐらいの年齢になると、髪のボリューム対策でスカルプケアをする人が増えますが、まつ毛も同様に積極的なメンテナンスの必要性を感じます。

これは適度にコシのある筆で塗りやすい。育毛効果に期待して、まつ毛の根元から毛先までと生え際にまんべんなく塗っています。意外に早く効果が目に見えると聞いていますので楽しみです。

マスカラの「ヴィルトゥーズ ドールアイ」は一度塗りなら繊細で軽やかな仕上がり。数回塗り重ねると長さが出て目もとの印象がはっきりします。

自分好みに調節できるところが大人向きですね。にじまないのに、お湯で簡単に落とせる使い勝手のよさも大変気に入りました。

今まで使っていたウォータープルーフのマスカラと比べると、クレンジングの際に目もとに負担をかけずにすみますので、結果的にまぶたのハリ感やまつ毛のコンディション維持にもプラスに働くと思います。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2021年2月号 12月28日発売

京都の美に触れる

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading