美容・健康

VR(バーチャルリアリティ)のゲームを楽しみながら、病院や家庭でリハビリを

【コラム】歩行と認知機能

歩くのに必要なのは筋肉だけではない──
姿勢を制御する能力、周囲の環境に常に気を配る認知能力が欠かせない

歩くときには筋肉や運動神経を使います。また、段差を見つける、音やにおいに注意を向ける、滑りやすさを感じ取るというように視覚、聴覚、嗅覚、触覚を無意識に働かせています。

体を動かすエネルギーも必要です。このように歩行には多くの要素がかかわります。

加齢によって活動量や食欲が落ち、全身が衰えるフレイル、筋肉量や筋力が落ちるサルコペニア、見えにくさや聞こえにくさなどが生じるとうまく歩けなくなったり、歩行速度が落ちたりします。

そして、歩きながらの会話といった2つ以上の行為を同時に行う能力も低下します。

「例えば、歩行中の高齢者が会話をするとき、足が止まることがあります。これは、歩く動作と話を聞いて理解して返事をする行動を脳内で一度に処理するのが難しいからと考えられます」と原さん。

普段の無意識の動きがいつもと違うときの対応力も下がります。

「停止したエスカレーターを上るとフワフワするのはエスカレーターや歩行に関しての脳の記憶と体の動きにミスマッチが生じるから。高齢者、脳梗塞やパーキンソン病など神経の病気の患者さんでは、このような脳の記憶と実際の体の動きが違うときの脳の補正がうまくいかなくなりやすいのです」(原さん)。

歩行は基本的な生活動作であるだけでなく、全身の健康度を測るバロメーターであることがわかります。

体と心が解かる 生き方が変わる
「未来の医療」

病気の超早期発見から予防まで!? マイクロRNAの拓く未来

AI(人工知能)による画像診断で、未来の医療はどう進化するのか

ロボットとの触れ合いが認知機能の衰えを防ぐ?未来の医療

今話題の「オンライン診療」メリットとデメリットは?

医療の見直しが始まった今、「賢明な選択」のために患者ができること

【病気やケガ】治療方針を決める際、大切にしたい4つのプロセスとは?

進化する「がんゲノム医療」の現状と未来について。一人一人のがんには違いがある

遺伝子を調べてがん治療に生かす、最先端「がんゲノム医療」とは?

アップルウォッチで心電図、センサー内蔵の飲み薬も登場!最先端医療「IoMT」って?

治療支援アプリって?乳がん患者の副作用に特化した「フリックカルテ」開発者に聞く

がんの新しい免疫療法として注目の「免疫チェックポイント阻害薬」

免疫チェックポイント阻害薬の実用化で進展「複合がん免疫療法」

医療政策の立案や医学研究の計画に「患者や市民の参画」が進んでいる

患者・市民が立案段階から参画することで、よりよい医学研究へ

機器のネットワーク化によって収集された手術データを意思決定や合併症予防に生かす

適用できる部位の広がり、競合企業の出現で、ますます進んでいくロボット支援手術

健康調査と組み合わせ、健康増進と疾患研究を目指す「住民ゲノムコホート研究」

高齢者特有の病気や生活に計画的に対応する訪問診療

訪問診療医がコーディネーターになり、医療・介護専門職のチームで患者の生活を支える

医療の安全性と精密性を向上させる現実空間とデジタル空間の融合

医療への期待と倫理的・医学的な懸念が併存「身近になっていくゲノム編集」

進む技術開発に、社会的・倫理的な議論が追いつかないゲノム編集

超音波で臓器の形や動きを計測。排せつを予知して、生活の質を向上

座ったままVR(バーチャルリアリティ)のゲームを楽しみながら、病院や家庭でリハビリを

取材・文/小島あゆみ イラスト/tokco〈LAIMAN〉

『家庭画報』2020年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年10月号 9月1日発売

福澤諭吉のすすめ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading