美容・健康

シミのレーザー治療を行う時期の選び方。マスクで顔が隠せるならチャンス?

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧はこちら

【お悩み】マスクで顔が隠せるなら、シミ治療のチャンス?

マスクで顔が隠せるし、テレワークなら人に会うことも少なくなるので、シミ治療のチャンスだとか。本当ですか?

【回答】治療後の紫外線コントロールを考えると、秋や冬の方がケアが楽かもしれません

回答者/近藤須雅子さん(美容ジャーナリスト)

実はマスク着用がスタンダードとなった4月後半から、美容クリニックでシミのレーザー治療を受ける人が増えています。

レーザー照射のあとは、基本的に患部をテープなどでガードする必要があるため、人と会う機会が減る在宅ワークや外出自粛の期間を治療のチャンスと捉えた方が多いんですね。

テープを貼った姿を見られないという意味では最適

確かに外出しなければ、不用意に紫外線を浴びる機会も減りますし、過敏になっている照射部分がダメージを受けるリスクも低下します。

もちろん、テープを貼った姿も誰にも見せずにすみます。そういう意味ではシミ治療に最適ですね。

頬骨の上はマスクでしっかり隠しきれない位置

ただ多くの場合、シミができるのは頬骨の上やこめかみ近くなど、マスクでしっかり隠しきれない位置。予想に反してテープが目立ってしまうということもあります。

さらに治療後は、紫外線が強い10月くらいまでは厳重な紫外線コントロールが必要です。

秋や冬に施術を受けた方が術後のケアが楽

マスクなどでしっかりガードできない場合は、むしろ秋や冬に施術を受けたほうが術後のケアが楽。

また、シミ治療といってもレーザー照射に限らず、内服薬や塗り薬を利用することもありますし、それで改善できなかった部分だけをレーザーで治療することも。

どういう治療になるかは、肝斑などシミの種類や濃さによっても変わるので、まずは一度、専門医に相談してみてください。

近藤須雅子/Sugako Kondo

美容ジャーナリスト。京都生まれ。女性誌・美容誌をはじめ、多数の媒体で美容記事に携わり、35年以上にわたり最前線で活躍。著書『プチ整形の真実』、『9割の人が間違っている化粧品「効きめ」の真実』(ともに講談社)など。

イラスト/umao


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading