美容・健康

心配な感染症、美容のプロはどう対策している?「紅芋酢」で内側からケア

365日美と健康のお悩み相談室 毎日更新の美容&健康のコラム連載。今知りたい気になる話題から、すぐに試せるテクニックなど、美容と健康のプロが皆さんのお悩みに答えます。記事一覧はこちら

【お悩み】まだまだ感染症が心配です

まだまだ感染症が心配です。どう対策したらいいのか、おすすめの方法が知りたいです。

【回答】こまめな手洗いに、インナーケアをプラス

回答者/小林ひろ美さん(美容家)

新型コロナウイルスや季節性インフルエンザなどの感染症のリスクは、常にすぐ近くにあるという意識を持って、こまめな手洗いとうがいでウイルスを体内に入れないことを一番に気をつけています。

さらに、インナーケアで免疫力を高め、健やかな体づくりも欠かせません。

除菌アイテムとハンドクリームは常にセット使いで

ウイルス対策に欠かせない除菌アイテムですが、頻繁に使うと肌が荒れたり乾燥してしまいますよね。

私は常にハンドクリームを持ち歩き、除菌した後はすぐに保湿することを習慣化しています。

小さくカットしたキッチンペーパーがあると便利

キッチンペーパーを小さめのサイズにカットし、フリーザーバッグなどに入れて持ち歩くのもおすすめです。

外出先でドアノブに触らなければいけないときや、エレベーターのボタンを押さなければいけないときなど、このキッチンペーパーを使えばウイルスが手に付着することを防げます。使用後のペーパーは、持ち帰り用の袋に入れて自宅で処分を。

良質なアミノ酸を摂取して免疫力アップ!

私たちの体はたんぱく質でできているので、免疫力を高めるためには、たんぱく質の源となるアミノ酸を積極的に取るのも良い方法です。

おすすめはアミノ酸が豊富なだし汁と、黒酢の40倍もの抗酸化物質・アントシアニンを含む「紅芋酢」。

私は毎朝、必ず紅芋酢とだし汁を飲んでいます。また、「Bihadako 紅芋酢ジュレ」をポーチに2包入れ、ブレイクタイムに摂るようにしています。

続けていくうちに、髪にツヤが出たり、爪が割れにくくなるなど、美容の面でのメリットも期待できますよ。

小林ひろ美さんおすすめのアイテム

▼下の写真をスワイプしてをご覧ください▼

小林ひろ美/Hiromi Kobayashi

美容家。翻訳や輸入業に携わった後、1991年に母・照子さんとともに株式会社美・ファイン研究所を設立。1998年には、リバイタライズサロン クリームをオープン。納得の理論と簡単で効果的な美容法が多くの女性の支持を集め、テレビや雑誌を中心に活躍中。
http://www.be-fine.co.jp/president/hiromi.html

●お問い合わせ

アヴェダ お客さま相談室
電話:0570-003-770 https://www.aveda.jp/

ビューケン
電話:0120-413-889 https://bihadako.jp/

表示価格はすべて税抜です。

イラスト/umao 取材・文/水浦裕美


質問・お悩みを募集中!・・・連載「365日美と健康のお悩み相談室」では、読者の皆さんからのお悩みや質問を募集しています。こちらのフォームからお気軽にお寄せください。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading