美容・健康

内側から溢れ出す“オーラ”のある人に! 風吹ジュンさんの“輝き”の理由

内側から溢れ出す“オーラ”のある人になる。今こそ、輝く素肌に 第1回(全5回) 年齢を重ねるほどに、その人の内側から溢れ出るエネルギーや輝きが美しさを生み出します。女優の風吹ジュンさんと元プロテニスプレーヤーの伊達公子さん、いつも笑顔で、新しいことへの挑戦を続けるおふたりに輝きの理由を伺うと同時に、オーラをつくり出す特別なスキンケアとベースメイクをご紹介します。

風吹ジュンさん
風吹ジュンさん
1952年富山県生まれ。75年にドラマ『寺内貫太郎一家2』で本格的に女優デビュー。以後、ドラマ『岸辺のアルバム』『あさが来た』『やすらぎの刻~道』、映画『無能の人』『魂萌え!』など、数多くの作品に出演。第74回(2019年度)毎日映画コンクールにて田中絹代賞を受賞。自身のお洒落や暮らしを語った新著『Wind』を2020年3月に上梓。

生き方で輝く
風吹ジュンさん(67歳)

ドラマや映画の印象そのままの、ふんわりとした優しい笑顔で現れた風吹ジュンさん。プライベートでは60歳から始めた登山に夢中という、アクティブな一面も持っています。

くるくると変わる表情も語り口も仕草も、すべてが愛らしい風吹さんを輝かせているのは、周囲への溢れんばかりの愛情と、「この先を元気に過ごすため」の日々の努力でした。

風吹ジュンさん

トップス6万円 パンツ6万円/ともに3.1 フィリップ リム(3.1 フィリップ リム ジャパン)イヤリング313万円リング146万円/ともにショーメ〈 P.185〉トップス/スタイリスト私物

「愛おしいと思える人がどんどん増えているの。ありがたいし、幸せなことです」

好き、愛情、愛おしい。この日、風吹さんが繰り返し口にしたのは、そんな愛情深さが伝わる言葉の数々でした。

人を包み込むような笑顔も「人に会うときは、できるだけ相手を好きという気持ちで接するようにしています」という思いに触れると、なるほどと納得します。

風吹さんが誰より愛情を注いでいるのはふたりのお子さん。

「子どもたちは私が守るべき宝であり、勇気を与えてくれる存在。ふたりが幸せでいてくれさえすれば、私は満足なんです」。

現在アメリカ在住のお嬢さんが第2子となるお子さんを今年2020年1月に出産した際は、連続ドラマの撮影の合間を縫って駆けつけました。

「持って行った圧力鍋でせっせと料理を作りました。息子一家は近所に住んでいるので、ときどき3歳と0歳の孫を預かります。孫たちの相手は体力がいるので、翌日は10時間くらい寝ちゃうの(笑)」。

ドラマの共演者も、風吹さんにとって愛情を感じる存在だといいます。

「最近では『やすらぎの刻(とき)〜道』で私の子どもを演じた6人の役者さんたちや、ほかの作品でご一緒した有村架純さん、芳根京子さんが本当に愛おしくて。ドラマが終わってもその気持ちは変わりません。

『やすらぎの刻(とき)〜道』

倉本 聰氏脚本の帯ドラマ『やすらぎの刻~道』の劇中劇では、夫役の橋爪功氏とともにヒロインの90代までを熱演。写真提供/テレビ朝日

それから阿川佐和子さん!もともと大好きだったんですが、テレビ番組でお会いして、ときめいちゃいました。そんなふうに、愛情を感じる人がどんどん増えているんです。ありがたいし、幸せなことですよね?」。

微笑みながら問いかける姿は噓偽りなく幸せそうです。

「自分に甘いからこそ始めたトレーニング。70代も元気で山登りを楽しめそうです」

そんな風吹さんが現在夢中になっていることの1つが、山登り。それも、鎖を使って17メートル超の岩壁を登るような本格的な登山です。

ケガなく楽しむため、日頃からトレーニングをしていると聞くとストイックなイメージですが、風吹さんは笑って首を横に振ります。

山登りをする風吹ジュンさん

立山連峰雄山にて。山登りを始めたのは、還暦を祝う中学校の同窓会で、登山家になった同窓生に誘われたのがきっかけ。

「私は自分に甘いので、このまま何もしなかったら老け込むなと、50代のときに気づいたんです。それじゃつまらない、この先を元気に過ごすためにも体を鍛えなくちゃと思って、最初に始めたのが階段の上り下り。努力すれば、ちゃんと筋肉も体力もつくんですよ。まだまだ山登りも楽しめそうです」

登山以外にもしたいことがたくさんあるという風吹さん。

「読みたい本も観たい映画もいっぱいあるし、以前習っていた水彩画も再開したい。お芝居では“いいお母さん”以外の役も演じてみたい。だから、時間はあればあるほど嬉しいんです」。

そう語る瞳は少女のようにキラキラと輝いていました。

この特集の掲載号
『家庭画報』2020年6月号

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/下村一喜〈AGENCE HIRATA〉(人物)、塚田直寛〈STASH〉(静物) ヘア&メイク/草場妙子 スタイリング/岡本純子〈Afelia〉 取材・文/清水千佳子 撮影協力/バックグラウンズ ファクトリー

『家庭画報』2020年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading