美容・健康

美容機器からエステティックまで。プラスαで取り入れたい、たるみケア最新ニュース

50歳からの「回り道しない」たるみケア 第5回(最終回) 決定打となる改善策がなかなか見つからないのが、たるみのケア。対応を先延ばしにしたり、効果を感じないケアを続けるのは結局、「回り道」です。進化している美容医療や、インナーケアとスキンケアで本気のたるみ対策を始めましょう。前回の記事はこちら>>

※以下の記事は、『家庭画報』2020年4月号取材当時の情報です。営業時間等が変更となっている場合もありますので、最新情報は公式ホームページ等でお確かめください。

美容機器からエステティックまで
プラスαで取り入れたい、たるみケア最新ニュース

これまでご紹介した“回り道しない”3つのケアに加え、その効果実感をさらに高めてくれるプラスαのお手入れをピックアップ。気になるニュースをぜひチェックしてください。

自宅で本格的な熱治療ができる美顔器

【ニューアリフト プラス(専用ジェル付き)】
自宅で本格的な熱治療ができる美顔器

こちらの記事でご紹介したクロスクリニック銀座でも取り扱いがあるなど、ドクターたちも信頼を寄せるホーム用の美顔機器がこちら。

RF(サブマイクロ波)によって、肌の深層部に刺激を与えることで毛穴やきめのゆるみが締まり、継続使用でたるみにも効果が。

世界的医療機器メーカーが開発し、安全性も検証されています。6万8800円/ビューテリジェンス

UVカラーバーム

【津田コスメティクス UVカラーバーム】
まず細胞から“ゆるませない”肌のバリアバーム

本特集で専門家が強調していたのは、まずたるみを予防することの重要性。

このバームは、紫外線はもちろん、急増中の環境因子まであらゆるストレスから肌を守るというコンセプトで皮膚科医・津田攝子先生が開発。SPF50+・PA++++ 全2色 18g 5600円/ドクター津田コスメラボ
エスト バイオミメシス ヴェールエフェクター

【エスト バイオミメシス ヴェールエフェクター、ヴェールディフューザー】
ファイバーでつくる第2の皮膚でピンと弾む美肌を再生

写真左の美容液の後に、右の機器で化粧液を吹きつけると極薄のベールが。

湿潤膜が自己治癒力を高め、美肌へと導きます。

花王のファインファイバーテクノロジーから誕生した注目の一品。エスト バイオミメシス ヴェールエフェクター 40g 1万2000円、同 ヴェールディフューザー(化粧液8000円)5万円/ともに花王

頰のたるみをターゲットにしたポーラの新エステメニュー

【ポーラ ギンザ】
頰のたるみをターゲットにしたポーラの新エステメニュー

進化したメニューのテーマは、“コアビューティー”。

自分では鍛えにくい一方で、何歳からでも鍛えられるのが顔の筋肉。低周波の機器で頰、額や目周りの筋肉にアプローチ。トリートメント後は目鼻がくっきりし、ひと回り引き締まったよう。

ポーラ最高峰スキンケア、B.Aを贅沢に使い仕上げます。

ポーラ銀座

ポーラ ギンザ
住所:東京都中央区銀座1-7-7
TEL:0120-375-355(エステ予約)
営業時間:平日(11時~18時30分)土曜・日曜・祝日(11時~17時30分)※ともに最終受け付け
定休日:年末年始 ※要予約
料金:コアビューティー&美肌トリートメント プレミアム エイジングケア by B.A[85分]1万5000円

骨気×カイロの技で小顔に。たるみの加速を食い止める

【美cuol】
骨気×カイロの技で小顔に。たるみの加速を食い止める

元はカイロプラクターだったオーナーの中井克治さんは、骨気の技術と組み合わせた独自の小顔術を考案。

筋肉のコリを深層部からほぐし、血流やリンパの流れをよくすることで、たるみを加速させる大敵、余分なむくみや脂肪を落とし、たるみを引き上げます。

2020年4月に東京・青山にも出店予定。

美cuol

美cuol
住所:愛知県名古屋市中区栄3-6-20 辰晃ビルディング9階
TEL:052(253)5255
営業時間:平日・祝日(12時~21時)、土曜・日曜(11時~19時)
定休日:月曜
料金:美coul小顔術 2万2000円(中井さん指名 5万円)

表示価格はすべて税抜きです。

撮影/西原秀岳(静物) スタイリング/松田綾子〈オフィス・ドゥーエ〉(人物)、高橋尚美(静物)

『家庭画報』2020年4月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading