アート・カルチャー・ホビー

日本女子ゴルフ界に“黄金世代”が登場!オリンピックでメダルを目指す大和撫子たちに期待

爽やかに伸び伸びプレーできる環境づくりを大切に

岡本綾子さんが、メジャー大会は「経験を積むとそれだけずっしり重くなる。あきらかに昔よりうまくなっているのに、勝とうとするとだんだん離れる難しさがある」と以前おっしゃっていました。オリンピックは4年に1回。ましてや自国開催は、一生に一度あるかないかという特別な舞台です。でも考えすぎると、その人の良さが無くなり、心技体がバラバラになってしまうので、選手たちにはあまりそういうことを意識せず、爽やかに伸び伸びプレーをしてもらいたいです。

私の話で恐縮ですが、1985年の全米女子アマで優勝したのは、初出場のときでした。直前に日本女子アマを2連覇した勢いはありましたが、初めて単身渡米して、マッチプレーも初体験。会場のフォックスチャペルGCはとても暑くて日程的にもハードだったので、プレッシャーを感じる暇もなく無我夢中でプレーしました。覚えているのは決勝36ホールの途中から、「ずっとやっていたい」という感覚があったことぐらい。対戦相手との相乗効果で、お互い良いプレーを引き出して合って、すごく心地よかったです。帰国便が成田空港に到着したらカメラマンが大勢いて、「誰がこの飛行機に乗っているんだろう?」って周りをみたら、自分が撮られていたっていう感じでした。

2019年の全英女子オープン優勝で一気に注目された渋野日向子選手。強気のプレーと共に大舞台でのスマイルも話題に。写真/AP/アフロ

渋野さんが全英を勝ったときも、やっぱりあの笑顔が印象的でした。優勝のプレッシャーが掛かる中、あんなに満面の笑顔で1番ホールを出ていった。勝てちゃうときって、そういう感じなのかなって思います。オリンピックは国を背負った難しい状況にあるかと思いますが、なるべくよい雰囲気で「楽しめました!最高でした!」という若さ溢れるプレー、笑顔を心から期待しています。

服部道子/Michiko Hattori

15歳で「日本女子アマ」、16歳で「全米女子アマ」を制した天才少女は、米国テキサス大学へ留学し、NCAAリーグで10勝を挙げるなど活躍。大学卒業後に帰国してプロになると、国内ツアーで通算18勝を挙げ、1998年には賞金女王にも輝いた。2009年に結婚、13年に長男を出産した。現役引退後はテレビ解説などを務めている。19年6月に東京五輪のゴルフ日本女子代表コーチに就任した。

 

〔連載〕東京2020ゴルフ女子日本代表コーチ服部道子のRoad to 2020~必然に導かれて~

01 ゴルフ女子日本代表コーチ服部道子の新連載がスタート
02 日本女子ゴルフ界に“黄金世代”が登場!オリンピックでメダルを目指す大和撫子たちに期待
03 進化する“アスリート系”女子ゴルファーの魅力とは? ゴルフ女子日本代表コーチの服部道子さんが解説
04 笑顔でオリンピックを迎えられますように。ゴルフ女子日本代表コーチ・服部道子さんより

取材・文/今岡涼太

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年7月号 6月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading