アート・カルチャー・ホビー

『ねじまき鳥クロニクル』をインバル・ピントらが舞台化。門脇 麦さん「強く存在したい」

〔今月の舞台〕

『ねじまき鳥 クロニクル』

門脇 麦さん

「新しいアイディアを試したり、前日の反省を踏まえて修正したり。そういうことが稽古で毎日できるところが舞台の魅力です。粘土工作みたいだなと思います」と話す門脇 麦さん。

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』でヒロインを務める実力派が、舞台に出演する。

作品は、村上春樹さんの同名の長編小説を、イスラエルの鬼才インバル・ピントら国内外のクリエイターで舞台化する『ねじまき鳥クロニクル』。

演じるのは、死への興味を持つ風変わりな女子高生・笠原メイ。

奇妙な出来事に次々と巻き込まれ、思いもしない戦いの当事者になっていく主人公・岡田トオルが、失踪した猫を探しに行った空き地で出会う。

「現実と幻想が曖昧につながった世界観の中で、メイは現実側にいるキャラクター。強く存在したいなと思います。トオルを成河さんと渡辺大知さんが二人一役で演じる点も楽しみです」。

難解な原作のエッセンスを抽出した脚本と、歌と音楽、舞台美術と振り付けが融合した、演じる、踊る、歌うことの境目を感じさせない作品になりそうだ。

インバルが演出・美術・振り付けを手がけた作品を観て以来、いつか自分も出てみたいと思い続けてきたという門脇さん。

大河ドラマの撮影もあるので、体力的には大変だが、「稽古はとても面白い」と笑顔を見せる。

「歩く動作1つにもアイディアが詰まっていて、あの違う世界に誘ってくれる幻想的な美しさは、こういう緻密な1つ1つから成っていたんだなと実感しています。しかも稽古期間は2か月。効率化が重視される今の世の中で、こんな素敵な贅沢ができるのは、たぶんアートくらいですよね。

インバル自身、“これは無理だよね。でもやってみようか”という人。ある意味、現代的ではない、カオスな世界観になると思いますが、きっとそこが心地いい舞台になっていると思います。ぜひ体感しにいらしてください」

門脇 麦(かどわき むぎ)

1992年、東京都出身。2011年にテレビドラマでデビュー。第61回ブルーリボン賞主演女優賞など、受賞多数。NHK大河ドラマ『麒麟がくる』にヒロイン・駒役で出演中。

『ねじまき鳥 クロニクル』

『ねじまき鳥 クロニクル』

東京芸術劇場プレイハウス
~2020年3月1日
S席1万1000円ほか
ホリプロチケットセンター:03(3490)4949
公演の詳細はこちら>>
2020年3月に大阪、愛知公演あり

原作/村上春樹
演出・振付・美術/インバル・ピント
脚本・演出/アミール・クリガー、藤田貴大
音楽/大友良英
出演/成河、渡辺大知、門脇 麦、吹越 満、銀粉蝶 ほか

表示価格はすべて税込みです。

取材・構成・文/岡﨑 香 撮影/taro ヘア&メイク/藤垣結圭

『家庭画報』2020年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年7月号 6月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading