アート・カルチャー・ホビー

ゴルフ女子日本代表コーチ服部道子の新連載がスタート 

第1回 「成功も失敗も、そのすべてが必然。経験を大舞台へ向けて生かしていきます!」

【新連載】東京2020ゴルフ女子日本代表コーチ服部道子のRoad to 2020~必然に導かれて~ 東京2020ゴルフ女子日本代表コーチに就任した服部道子さん。日本の女子ゴルフ界はいま、畑岡奈紗、渋野日向子選手ら“黄金世代”の出現により、世界でも有数のゴルフ強豪国へと変貌しています。代表コーチとしてメダル獲得の使命に向き合う服部さんは、その一方で妻、そして一児の母としての日常もあわせ持つ。このコラムでは、そんな飾らない普段着の視点から、大役に挑む素顔に迫っていきます。

服部道子さん

東京2020オリンピックのゴルフ女子日本代表コーチに任命されたのは昨年6月のことでした。初めは「私でいいのか?」という気持ちもありましたが、ヘッドコーチの丸山(茂樹)さんもいらっしゃるし、以前から、できることがあればゴルフ界に協力したいという気持ちはあったので、お受けすることにしました。オリンピックのコーチという立場は、直接指導というより、スポークスマン的立場で、選手がプレイしやすい環境作りをしていくこと。私は、若い頃にアメリカ留学で苦労をしたり、意図せずプロゴルファーになったりと、ある意味ユニークな人生を送ってきました。そんな経験を少しでも生かせるように頑張りたいと思っています。

服部さん、丸山さん

2019年6月に開かれた日本代表女子コーチ就任記者会見にて丸山ヘッドコーチとがっちり握手。写真/日刊スポーツ/アフロ

さて、いきなり専門的な堅苦しいお仕事の話をする前に、少し私自身についてお話ししようと思います。もしかしたら、そんな話ばかりになってしまうかもしれませんが、ゴルフのオリンピックコーチがどんな人間なのか知っていただいて、少しでもゴルフに興味を持っていただけたら、ひとさまの前で恥をさらす甲斐もあるというものです。

これまで、いろいろ失敗をしてきました。初めて全米女子オープンに出たときは、スタートしてすぐ2番ホールで前の組が見えなくなって、急ごうとしたら間違えて隣のホールに打ちそうになってキャディに止められたとか。東海岸の試合では、空港から遠くて時差もあったので、疲れてホテルでお風呂に入ったら、湯船も浅かったのでそのまま寝てしまって下の階を水浸しにして、ポリスマンや階下の人が10人くらい、私がなにも着ていない状態で入ってきて、ペナルティを350ドル取られたとか。でも、失敗もいまにして思うと、どれもよい思い出です。

服部道子さん16歳

16歳(1984年)、全米女子アマ選手権にて優勝したときの服部道子さん。世間からの注目が一気に集まり、大きく人生が変わりはじめていったとのこと。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年7月号 6月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading