アート・カルチャー・ホビー

パリのグルマンをうならせる一つ星レストラン「VIRTUS(ヴィルチュス)」

美を紡ぐ人々 パリでその実力を認められた「美を紡ぐ」日本人アーティストや職人たちとの出会いを、フランス移住2年目のライター・ルロワ河島裕子が綴ります。連載記事一覧へ>>

美を紡ぐ人 神崎千帆さん(料理人)【後編】

取材・文/ルロワ河島裕子

前回に引き続き、「2019年ミシュランガイド」フランス版で、日本人女性として初めて星を獲得、また先日発表された「2020年ミシュランガイド」フランス版でも1つ星を獲得したパリ12区にあるレストラン「VIRTUS(ヴィルチュス)」シェフ、神崎千帆さんと、彼女が生み出す料理の魅力に迫ります。

インテリアの美しさもヴィルチュスの魅力を語るに欠かせないポイント。「自宅で寛いでいるような感覚で、お客さまに1つ星のサービスと料理を楽しんでいただきたい」と神崎シェフ。温かみがありながらくだけすぎない、程よい距離感のサービスも心地よい。

美味しい出会いは突然やって来た!

さして料理通でもない私ですが、個人的には、グルメ本やグルメサイトの評価だけに頼るお店選びは、正直あまり好きではありません。自分で偶然見つけたお店や、信頼できる友人からすすめられたお店との“出会い”がとても好きなのです(故に失敗も多々あり)。

でも、兼ねてからお気に入りだったお店が、権威あるグルメガイドブックで星を取ったと聞くと、矛盾するようですが、なんだかとても嬉しいもの。

2019年1月、パリ12区のレストラン・ヴィルチュスが1つ星を獲得したと聞いたときも、「あ、私、星取る前に行ったことあるのよ!」となんだか、ひとり得意な気分になってしまいました。といっても、食通の友人がこの素敵なレストランでのランチに誘ってくれたおかげなのですが。

本からの食材の情報や生産者の気持ちからインスピレーションを受ける神崎さんと、直感派で大胆な発想をするマルセロさん。「互いにないところを補い、嫌なこと、ダメだと思うことをはっきり言い合えるので、とてもいいバランスの関係」とお2人。

日本人女性&アルゼンチン人パートナーによる料理人デュオ

前回もお伝えしたとおり、2019年「ミシュランガイド」フランス版で1つ星を取り、にわかに世界の注目を集めるレストラン・ヴィルチュスの料理を手がけるのは、日本人女性シェフ・神崎千帆さんと公私ともにパートナーであるマルセロ・ディ・ジャコモさんの料理人デュオ。

南仏の3つ星レストラン「ミラズール」でスーシェフ、シェフパティシエとして腕を磨いた2人が生み出す料理は、その名店のDNAを感じさせる繊細さと美しさで、食の都・パリのグルマンたちの心を掴んできました。

「帆立、カリフラワー、青リンゴのスープ」。彩りの美しい料理は、器とのコンビネーションと相まって、まるでアートのよう。異なる食感、味が渾然一体となって、口の中で意外性のある美味しいハーモニーを奏でて。「食感の面白さは、千帆の料理の魅力」とマルセロさん。

まず目で楽しみ、その余韻とともに舌で味わうのがヴィルチュスの流儀

私が一目で心奪われ、一口ですっかりヴィルチュスの味の虜になってしまった、彼らのシグネチャーともいえる前菜「帆立、カリフラワー、青リンゴのスープ」。

生、1分火入れしたもの、ピュレと、異なる食感をもたらすカリフラワーの味わいと、とろけるような帆立貝柱の旨みを、青りんごの爽やかな酸味と甘みが後押しする一皿です。

白い器の上に映えるやわらかで華やかな色使いは、まるで絵画のようで、女性らしい感性が息づいています。

「自分では女性らしさとか、全く意識したことがありませんでした。ただただ、自然の味、美しさを取り入れているだけ。これだけ美しいものがあるのだから、それを生かさない手はない!と思うのです」と神崎シェフ。

器の上でバランスを見ながら盛りつけをしている様は、芸術作品の制作工程を眺めているような感覚。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年9月号 7月31日発売

九州を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading