学ぶ

日本の女性リーダーを応援!オバマ氏がルーツの「チャンピオン・オブ・チェンジ」大賞って?

2019年度「チャンピオン・オブ・チェンジ」日本大賞に入賞した皆さん。左から、山里世紀子さん、高橋由佳さん、石川えりさん、大賞受賞者の藤原久美子さん、森祐美子さん、大嶋栄子さん。

「チャンピオン・オブ・チェンジ」日本大賞という賞をご存じですか?

この賞は、2013年に当時のオバマ大統領の発案で創設された“Champion of Change” 賞をルーツとしています。地域の社会問題にチャレンジし、社会貢献活動に尽力している市民に贈られるこの賞を受賞したのは、ボストン在住の日本女性、厚子・東光・フィッシュさんでした。

長年、日本の女性をアメリカに招いてリーダーシップのトレーニングや、東日本大震災の被災地支援活動に従事してきたフィッシュさん。地域に根差して活動する日本女性に光を当て、応援したいというフィッシュさんの強い願いのもと、2017年、本賞が日本で設立されました。

「チャンピオン・オブ・チェンジ」日本大賞を設立した、「フィッシュ・ファミリー財団」の厚子・東光・フィッシュさん。

3回目を迎えた2019年度は、127件の応募が集まりました。応募はすべて他薦のみ。日本国内で、地域社会における暮らしの質の向上など、地域に根ざした社会変革に真摯に取り組む企業やNPOの女性リーダーが対象です。

本年入賞したのは、大賞を含め6名の方々。自身も視覚障害を持ち、「障害」・「女性」の複合差別の解消に取り組み続ける、大賞の藤原久美子さん(「DPI女性障害者ネットワーク」代表)をはじめ、若年層の就労サポートや子育て中の母親支援、難民支援など、社会で実際に起こっているさまざまな問題について、地域レベルの変革に地道に取り組む女性リーダーたちが入賞者に選ばれました。

大賞受賞者に贈られたティファニーのクリスタルボウル。

12月に行われた表彰式では、受賞者一人ひとりに対して、フィッシュさんからあたたかいコメントとハグが贈られました。そして、本賞をサポートするパートナー「ティファニー」から入賞者の方々に、賞の名前が刻印された素敵な記念品が!皆さんの笑顔がひときわ輝いたひとときでした。

Information

「チャンピオン・オブ・チェンジ」日本大賞
(公益財団法人 パブリックリソース財団)

TEL: 03-5540-6256
https://www.jwliccja.org/

ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク

TEL:0120-488-712
https://www.tiffany.com/

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年4月号 2月29日発売

名店の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading