アート・カルチャー・ホビー

米国人コレクターによる日本の竹工芸作品「アビー・コレクション」初の里帰り展

『竹工芸名品展』

藤塚松星《潮》1978年 The Abbey Collection, “Promised Gift of Diane and Arthur Abbey to MET.” Image© MET

近年、国際的に評価が高まってきている日本の竹工芸。

米国人コレクターのアビー夫妻が近現代の竹工芸に着目し、1990年代から収集してきた「アビー・コレクション」が初来日する。

2017年にメトロポリタン美術館への収蔵を機に開催され、47万人以上を動員した展覧会をベースに、東京国立近代美術館 工芸館が所蔵する近代工芸の名品とあわせて再構成。

飯塚琅玕斎(ろうかんさい)、小玕斎(しょうかんさい)父子ら大正・昭和の作家から現代の作家まで、その形態の美しさや表現の変遷を辿る。

竹工芸と縁の深い土地と作風との関連も興味深い。

『竹工芸名品展 ニューヨークのアビー・コレクションメトロポリタン美術館所蔵』

東京国立近代美術館 工芸館
〜2019年12月8日まで
休館日:月曜、11月5日(11月4日は開館)
入館料:一般900円
ハローダイヤル:03(5777)8600
URL:https://www.momat.go.jp/cg/exhibition/theabbeycollection2019/

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2019年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年4月号 2月29日発売

名店の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading