美容・健康

いつ始めても遅すぎることはない!ニコチン依存症を治療し卒煙に導く「禁煙外来」〈後編〉

禁煙はいつ始めても遅すぎることはなく、寿命も延ばせる

「禁煙はいつ始めても遅すぎることはありません。禁煙した時点から健康な寿命を確実に延ばせるのです。

たばこをやめたいと思ったら気軽に禁煙外来を訪れてください。効果の高い方法で卒煙するまで伴走してくれる専門家が待っています」

禁煙治療用アプリ

写真:キュア・アップ社 提供

上写真はキュア・アップ社と共同開発した禁煙治療用アプリ。臨床で処方できるように医療機器として承認申請中(2019年7月現在)のため、販売はされていない。

自宅でも呼気一酸化炭素濃度測定のデータを取り込んで禁煙の効果を“見える化”するほか、アプリが心理的依存を支援する機能も備わっている。

前編の記事に戻る>>

Information

慶應義塾大学病院

東京都新宿区信濃町35

  • 慶應義塾大学病院 呼吸器内科 禁煙外来

    〔主なスタッフ〕医師1名 看護師2名 事務スタッフ2名
    〔主な連携先の診療科〕各診療科、予防医療センター(健診・人間ドック)など

    受診を希望する場合、ほかの医療機関からの紹介状(紹介元の診療科は問わない)を用意のうえ、外来予約センターに電話する。受診の詳細については同大学病院のHP「来院・入院の方/初めて受診する方」を参照のこと。
    http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/raiin/syoshin/

    〔費用〕保険診療(患者負担1~3割)


    【参考情報】

    ●禁煙支援の専門家や禁煙外来を探したいとき

    日本禁煙科学会では「禁煙支援士」の認定制度を設け、禁煙サポートにかかわる医療者を育成している。禁煙支援士には初級、中級、上級の3ランクがあり、いずれも同会のHPで名簿が公開されている。禁煙支援士が所属する医療機関では禁煙外来を開設している可能性が高い。

    日本禁煙科学会「禁煙支援士認定」
    https://www.jascs.jp/nintei/sub_data2/nintei_index.html

取材・文/渡辺千鶴 撮影/八田政玄

『家庭画報』2019年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年6月号 4月30日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading