美容・健康

女優・前田美波里さんが実践する「理想の背中」のつくり方

前田美波里さん

チュニック3万6000円リビアナ・コンティ(アノア)ピアス5万3000円/ウノアエレバングル1万6000円/ワンエーアールバイウノアエレ(ともにウノアエレ ジャパン)リング28万円/アルテミス・ジョイエリ

毎日湯上がりに合わせ鏡で背中の状態をチェック

“天使の羽”のようにくっきりと浮き出た肩甲骨、背中の中央に通る一本のライン、そして逆三角形のシルエット——。

女優の前田美波里さんの背中は70歳とは思えない美しさです。

「舞台の上ではどこを見られているのかわからないし、背中が大きく開いた衣装を着ることも多いから後ろ姿にも気が抜けません」と美波里さん。

湯上がりには合わせ鏡で背中の状態をチェックすることを怠りません。これは、10歳のときに始めたクラシックバレエで身につけた習慣だそうです。

肩甲骨をよく動かして筋肉をしなやかに

理想的ともいえる美波里さんの背中をつくり上げたのは、やはり日常的なトレーニング。

「背中の美しさを保つには体幹の強さが必要ですが、ドレスもきれいに着こなしたいから女性らしいシルエットにもこだわっています」。

そのために美波里さんは「エゴスキュー体操」を毎日欠かさず行うそう。

米国生まれのこの体操は、一日数分の簡単な動きで筋肉を目覚めさせ、体の歪みを正すメソッド。

「一日の始まりに肩甲骨をしっかり動かすと体が早く温まり、血液循環や新陳代謝もよくなります。続けることがとにかく大切」。

美波里さんにとって背中の美しさを磨くことは、舞台で常に動ける体をつくること。

だからこそ、出演中のミュージカルでは空中ブランコにも挑戦できるのです。

その美波里さんのパワフルな姿は“見た目の若さと健康は、背中の美しさで決まる”ことを確信させてくれます。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年9月号 8月1日(木)発売

北欧の美しき暮らしを訪ねて

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading