アート・カルチャー・ホビー

日本各地の名美術館の個性が光るアートグッズ9選

07.N’s YARDの「Miss Forestをモチーフにしたキャンドル」

N’s YARDの「Miss Forestをモチーフにしたキャンドル」

野外彫刻「Miss Forest」をモチーフにした高さ23.5センチのハンドメイドのキャンドル7963円のほか、奈良美智の作品を題材にしたTシャツや文房具など、国内生産にこだわったN,s YARD限定のオリジナルグッズが揃う。

08.台東区立朝倉彫塑館の「ねこステーショナリーシリーズ」

台東区立朝倉彫塑館の「ねこステーショナリーシリーズ」

朝倉文夫が最も好んでモチーフにした動物、猫。その愛らしい姿をかたどったシリーズが好評。上から時計回りに「封筒」300円 、「クリアファイル A6」200円、「メガネ拭き」400円、「一筆箋」300円、「豆箋セット(たま)」300円(すべて税込み)。

09.京都府立堂本印象美術館の「ブックカバーとコースター」

京都府立堂本印象美術館の「ブックカバーとコースター」

2018年3月のリニューアルに伴いオリジナルグッズを充実させ、美術館限定品も販売。画集やポストカードなどに加えて、作品や美術館をモチーフにした文房具や和菓子など、印象芸術が身近に感じられる商品も見つかる。鍵のスケッチをモチーフにした美術館オリジナルグッズ、「コースター」500円、「ブックカバー」1000円(ともに税込み)。

表示価格は本文中に税込みと表記されているもの以外は税抜きです。

撮影/鍋島徳恭 森山雅智 大泉省吾 鈴木一彦 本誌・西山 航 構成・取材・文/清水千佳子 取材・文/柴田 泉 西村晶子

『家庭画報』2019年7月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年10月号 8月30日(金)発売

モナコ公国 華麗なる舞踏会

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading