美容・健康

ゆらぎ期と上手に付き合う! 大人のためのランチイベントをリポート

大塚製薬×家庭画報.com「ゆらぎ期を美しく過ごすためのランチパーティ」

3月31日、大塚製薬×家庭画報.comがユーザー30名様を招いて、「ゆらぎ期を美しく楽しく過ごすための大人の講座」を開催。その様子をリポートします。

【第1部】田中美香先生による、ゆらぎ期の体についてのトークショー

まずは「恵比寿みかレディースクリニック」の院長、田中美香先生が登壇し、40代からの健やかな毎日のために知っておきたい、女性の体の変化についてレクチャー。ゆらぎ期に起こりうる女性特有の心身の変化について、ご自身の体験も踏まえながら解説してくださいました。外見の変化ばかりに振り回されず、体の内側や心のゆらぎもしっかりケアしなくては! と改めて実感。

●たなか・みか/ 医学博士。日本産科婦人科学会専門医・指導医。日本女性医学学会専門医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医。順天堂大学医学部卒業。10代からのすべてのライフステージにおいて、女性の健康をサポートするレディースクリニック「恵比寿みかレディースクリニック」を開院。

女性の健康と美を支える「エクオール」の力とは?

「そこで、注目したいのが“エクオール”という成分。エクオールとは、大豆イソフラボンを摂取したときに腸内細菌によって作られる代謝物です。女性ホルモンのような働きによって、ゆらぎ期の心身の変化から女性を守ってくれることが様々な研究で明らかになっています。ただ、エクオールを作れるのは日本人女性の2人に1人程度。特定の腸内細菌がない人はどんなに大豆を食べてもエクオールの恩恵を受けることはできません」と田中先生。そんな方はサプリメントなども上手く取り入れることが大切だと話してくれました。

【第2部】ローラン・ボーニッシュ氏によるフラワーデモンストレーション

続いてフラワーアーティストのローラン・ボーニッシュさんによるデモンストレーションへ。軽妙なおしゃべりとともに、一つひとつの花の魅力を解説しながら、可憐なフラワーアレンジを完成させます。

エレガントな花をたっぷり束ねたブーケは圧巻!

次に取り掛かったのはブーケ。クリスマスローズやバラなどのラグジュアリーな花が驚くほどふんだんに使われていました。らせん状に1本1本、花を束ねていくのですが、彼の手で掴みきれない太さになってもどんどん大きくなっていくブーケに、一同から感動の拍手が!

●ローラン・ボーニッシュ/フラワーデザイナー。フランス、高級住宅地ヌイイ市出身。100年近い歴史ある花店の4代目として生まれる。16歳より花の世界に入り、パリ老舗花店で経験。 1998年母校EFP(イル・ド・フランスフローリスト組合パリフローリスト養成学校)派遣講師として来日。2014年東京田園調布3丁目に【 Laurent.B Bouquetier 】ローランベーブーケティエを設立。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading