美容・健康

がんの新しい免疫療法として注目の「免疫チェックポイント阻害薬」とは?

免疫チェックポイント分子の発見と阻害薬の開発

その歴史は?
免疫にブレーキをかけるT細胞上の分子の発見ががんの新しい治療戦略につながり、薬が開発された

1987年
フランスのグループが活性化したT細胞上に発現するCTLA-4分子を見つけたが、その機能は不明であった。

1992年
京都大学教授の本庶 佑氏がT細胞上に発現する受容体であるPD-1分子を発見。

1995年
CTLA-4分子が免疫にブレーキをかける物質であることをJames Allison氏(現・米国テキサス州立大学MDアンダーソンがんセンター)らが明らかにし、翌年、動物実験でCTLA-4分子の抑制が抗腫瘍効果を発揮することを報告。

1999年
本庶 佑氏らはPD-1分子が免疫にブレーキをかける物質であることを発見、2002年にPD-1阻害が抗腫瘍効果をもたらすことを明らかにした。

2000年
抗CTLA-4抗体薬の臨床試験が始まる。

2006年
抗PD-1抗体薬の臨床試験が始まる。

2011年
抗CTLA-4抗体薬イピリムマブ(商品名ヤーボイ)が世界で初めて米国で承認される(日本では2015年に承認)。

2014年
抗PD-1抗体薬ニボルマブ(商品名オプジーボ)が日本と米国で承認される。

2018年
本庶氏とAllison氏が「免疫を負に調節する機構の阻害による、がん治療の発見」によりノーベル生理学・医学賞を受賞。

 

後編へ続く>>

取材・文/小島あゆみ イラスト/tokco〈LAIMAN〉(タイトル)にれいさちこ(本文)

「家庭画報」2019年5月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年12月号 10月30日発売

美味の「お取り寄せ」を極める

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading