学ぶ

大人検定365 枯れないの?春先から5月の連休までチューリップの見頃が続く理由

大人検定365枯れないの?春先から5月の連休までチューリップの見頃が続く理由

【問題】チューリップの名所では3月から5月の大型連休まで見頃が続きます。なぜでしょう?

文/高梨さゆみ(フラワー&ガーデンエディター)

家の庭で咲いているチューリップの花は、咲いてから萎むまで3〜4日程度。あっという間に旬が過ぎてしまう印象があります。しかし、チューリップの名所では3月下旬から咲き出し、春の連休頃まで花がたくさん咲いています。

チューリップは系統によって開花時期が異なっていて、早生の系統は3月下旬〜4月上旬、中生の系統は4月上旬〜中旬、晩生の系統は4月下旬〜5月上旬が開花の目安になっています。

開花時期の異なる系統の品種を上手に組み合わせると、3月下旬〜5月上旬まで、チューリップのリレー咲きが楽しめます。チューリップの名所で花が長く楽しめるのもこのためです。

ちなみに秋に流通するチューリップの球根には、系統を表す英字が記載されています。たとえば一重早咲きならSE、八重遅咲きならSL、ユリ咲きならLなど。この英字の略号を開花時期の表と照らし合わせると、どの時期にどの花が咲くかがわかり、春の庭づくりがより具体的に計画できます。

【答え】異なる系統の品種がリレー咲きするから

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
今が見ごろのスポットは?「花の名所」を見る

写真/横田秀樹

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年4月号 2月29日発売

名店の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading