学ぶ

大人検定365 お腹が痛くなったピーターラビットにお母さんが煎じて飲ませたハーブはどれ?

大人検定365 お腹が痛くなったピーターラビットにお母さんが煎じて飲ませたハーブはどれ?

【問題】 世界中で愛されている『ピーターラビットのおはなし』で、お腹が痛くなったピーターラビットに、お母さんが煎じて飲ませたハーブは何でしょうか。

文/高梨さゆみ(フラワー&ガーデンエディター)

マクレガーさんの畑で野菜を食べているところを見つかって逃げ帰ったピーターは、その夜、まだ醒めやらぬ興奮と緊張からお腹が痛くなってしまいます。そのときにお母さんが煎じて飲ませてくれたのが「カモミールティー」。

カモミールはキク科の一年草で、春〜初夏に白の可愛い小花を咲かせ、和名の「カミツレ」でも知られます。ヨーロッパでは古くから薬用に利用されてきたハーブで、抗炎症作用がある成分カマズレン、アピゲニンを含み、ストレスによる胃腸の痛みをやわらげたり、気持ちを静めて寝付きをよくする作用などがあると言われています。

カモミールにはジャーマン種とローマン種の2種がありますが、ローマン種は苦みがあって飲みにくく、ハーブティーには、リンゴのような香りと酸味が感じられるジャーマン種を利用します。

というわけで正解は2。写真はジャーマンカモミールです。

ちなみに写真1はラベンダー、写真3はタイムで、いずれも古くから利用されてきたハーブです。

【答え】 2. カモミール

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
今が見ごろのスポットは?「花の名所」を見る

参考/『ピーターラビットのおはなし』(福音館書店) 写真/横田秀樹(1と3)、PIXTA(2)

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年4月号 2月29日発売

名店の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading