学ぶ

大人検定365 「スプリングエフェメラル(春の儚きもの)」と呼ばれる花はどっち?

大人検定365 「スプリングエフェメラル(春の儚きもの)」と呼ばれる花はどっち?

【問題】スプリングエフェメラルと呼ばれる花はどっち?

文/高梨さゆみ(フラワー&ガーデンエディター)

写真1はキクザキイチゲ。写真2はスミレ。スプリングエフェメラルと呼ばれるのは写真1のキクザキイチゲです。

スプリングエフェメラルとは「春の儚きもの」の意味で、早春の一時だけ花を咲かせると、初夏まで葉を茂らせ、その後は次の開花期まで地中で過ごす性質の植物のことで、「春植物」とも呼ばれます。

キクザキイチゲをはじめとするキンポウゲ科イチリンソウ属の花や、ケシ科のエゾエンゴサク、ムラサキケマン、またユリ科のカタクリやショウジョウバカマなどがよく知られているスプリングエフェメラルで、いずれも山野草のような素朴で美しい花が魅力です。

温暖地では3月に開花するものが多く、まるで春の到来を告げに舞い降りた妖精のよう。ちなみに写真2のスミレは花期が少し遅く、4〜5月に咲きます。

【答え】写真1のキクザキイチゲ

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
今が見ごろのスポットは?「花の名所」を見る

写真/横田秀樹

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年4月号 2月29日発売

名店の「昼膳」

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading