学ぶ

大人検定365 箸置きがない場合、どうするのが正解?

わりばし

【問題】箸置きがない場合はどうしたらよいですか?

(1)器にかける
(2)箸袋を千代包みにして箸置きにする
(3)折敷の左側にかける

文/小笠原敬承斎(小笠原流礼法宗家)

箸袋がある場合は、箸袋を千代包みにして箸置き代わりにすると便利です。

千代包みの作り方・・・(図・右)箸袋を半分に折り、左側を斜め手前に折り重ねる。(中)端を輪の中へくぐらせて出す。(左)両端をひっぱり、きちんとたたむ。

また、折敷や膳がある場合で箸置きがない時は、使用している箸の先が折敷の外に出るように左側にかけます。

この場合、食事が終わったら箸先が折敷の中に入るように右側にかけておき、その席で立場の高い方が食事を終えられてから、完全に折敷の中に箸を置きます。

あるいは、特にそのような立場の方が同席していない場合は、食事終了後、右側に箸をかけずに折敷内に箸を置くこともあります。

器の上に箸を置くことは「渡し箸」と呼び、嫌い箸のひとつです。特に、箸先を相手のほうへ向けて置くことは大変失礼なので、避けます。

折敷、箸置き、箸袋がない場合は、器の上にお箸をかけざるを得ないこともあるでしょう。

そのような時は、できる限り同席者の目に立たないように、中心ではなく少し手前に置くなどの気遣いが欠かせません。

【答え】2と3

大人検定365とは?

素敵な大人が知っておくべき常識、マナーをQ&A方式で毎日お伝えします!
ジャンルはパーティでの振る舞いから日常にある今更聞けない疑問まで。
日々の会話、コミュニケーションのヒントにもお役立てください!

#大人検定365 をもっと見る
#マナー を もっと見る

写真/PIXTA
小笠原流礼法宗家 http://www.ogasawararyu-reihou.com/index.html

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年6月1日(土)発売

心潤す緑陰の美術館へ『家庭画報』2019年7月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading