美容・健康

40代こそ「ドゥ・ラ・メール」を試すべき理由とは?モデル春香さんが体験

春香 モデル

撮影/Hajime Watanabe 

モデルの春香さんに聞く“40代になった今スキンケアに望むこと”

長年にわたりモデルとして第一線で活躍を続ける春香さん。

仕事に、家事に、子育てにと忙しい毎日を過ごす中で、いつの間にかスキンケアに ゆっくりと時間を割くことが少なくなったといいます。

今回試した「ザ・ジェネサンス ドゥ・ラ・メール™ コレクション」を通してあらためて感じた、 40代だからこそ必要なスキンケアとは?を伺いました。

自分の肌と向き合う時間を慈しむことが大切

以前にはあまり感じなかった乾燥やハリのなさを、この数年感じることが多くなった と話す春香さん。「一時は出産の影響かなとも思っていたのですが、 なかなか以前のようには戻らず、もしかしてこれがエイジングのサインなのではと…」。

40代になり肌の変化を徐々に感じ始めるとともに、「そういえば子育て真っ盛りだったここ数年は、スキンケアはパパッとすませていた気がします。 自分の肌と向き合うことがなかったので、微妙な変化を見逃していた、その変化に対応したお手入れができていなかったかもしれません」。

心地よいと感じることが継続の秘訣

変化に応じたスキンケアを試行錯誤している中で試した 「ザ・ジェネサンス ドゥ・ラ・メール™」コレクションは、新たな気づきを与えてくれたそう。

「スキンケアは継続してこそ意味があると思うのですが、 継続の条件ってなんだろうと考えると、使用感やテクスチャー、香りなども含めた 心地よさや楽しさが何よりも大切なのですよね。

心地いいから続く、続くからドゥ・ラ・メールの良さを 実感できる。“ジェネサンス”の3品はどれも初めて出会ったようなテクスチャーに 新鮮な驚きが。

特にセラムの何ともいえないシルキーな触感と肌への浸透感で、なじませたあと、肌がやさしくなる感じ…。使うたびに“ああ、気持ちいい!”って」

お手入れの場所を寝室に変えた理由

ふと気づくとスキンケアにかける時間が以前と同様になり、自身の肌とじっくり向き合う ようになっていたという春香さん。使い続けたいと思えることの大切さに あらためて気づかされたと語ります。

「それとラグジュアリーなボトルデザインも女性心を満たしてくれます。 香水のボトルをイメージしているそうですが、私もこの3品に洗面所は似合わないと思って、 お手入れ場所を寝室に変えたんですよ(笑)。おかげでより ラグジュアリーなお手入れに浸れるようになりました」。

●春香/Haruka

モデル。愛知県出身。女性誌、CMで活躍中。プロデュース、執筆など幅広く活躍中。2児の母。近著に『春香Beauty Recipe』。春香オフィシャルサイトhttp://haruka-azur.com/

お問い合わせ/ドゥ・ラ・メール

ドゥ・ラ・メール

ドゥ・ラ・メール お客様相談室
電話 03-5251-3541
https://www.delamer.jp/Genaissance

撮影/金子親一 取材・文/青山恵子

価格は税抜きです。

家庭画報 最新号

2018年8月号 6月30日(土)発売!

軽井沢の魅力/いわさきちひろの世界

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading