美容・健康

その不調“気”が原因かも?「心の奥の意識」が病気を引き起こす

脈診とメディカルボディトリートメントは大切な治療技術

具体的には不調の訴えをていねいに聴き取る問診から始めます。

このクリニックでは、臨床気療法士®が実践するエネルギー療法(気療法)によって、“うつ”や“がん”が改善される例も数多いのですが、私自身、長年にわたりこの療法を学んできた経験から、問診と、脈拍から気の流れを感知する脈診を通じて、気のレベルで患者さまに共鳴し、心身の不調を読み取ることが可能になりました。

例えば、母親も祖父母もがんで亡くなったという女性が、自分もがんになるのではないかと不安になり、うつ的な症状に悩んで来院されました。インターネットなどで検索し、めまいがすれば脳腫瘍、胃が痛むのは胃がんかしらと、すべてをがんと結びつけてしまうとか。

彼女の強い不安感が私にも体感できましたので“思考を止めるセルフケア”をお教えし、リラックスした状態で不要な気をデトックスする、臨床気療法士®によるメディカルボディトリートメントを受けていただくうちに、不安や恐れが解消されてきました。

セルフケアと療法士による施術が、不要な気を排除し、血液やリンパの流れをスムーズにしたことで、治る力が高まったと推測できます。やがて、「もしもがんと診断されても、冷静に対処できるような気がします」と話してくれるようになりました。

これは一例ですが、どんな病気にも意識の力がかかわっていることを、診療の折々に実感する日々を過ごしています。

思考を止め、気の循環をよくするセルフケア

不安などが脳裏から離れなくなったときに行うと、滞った気がスムーズに巡り、生命エネルギーが活性化して、治る力が高まります。

感情に振り回されずに、自分の内面や身の回りに起こる出来事を、いつの間にか冷静に観察できるようになります。どんな不調にも有効な万能の健康法ともいえます。

セルフケアのやり方

思考を止め、気の循環をよくするセルフケア

両手の人差し指を目の前に立て、ツーといいながら、右の指先を右目で、左の指先を左目で見つつ、眼球は動かさず、手を左右に開く。

「指先をゆっくり水平に開く」、「ツーと声を出す」、「右目は右手指先を、左目は左手指先を追う」。この3つの動作を同時に行うことが重要。 (2)に続く>>

Information

ネクストクリニック

東京都中野区中央5–4–22 JHV中野ビル2階

  • ※完全予約制

取材・文/宇津木理恵子 撮影/八田政玄

「家庭画報」2018年6月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年3月号 2月1日発売

秘密の京都

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading