美容・健康

生活習慣病を予防する「ゆるやかな糖質制限食」のすすめ

山田 悟先生・サラさんご夫妻が実践する、新・アンチエイジング習慣

山田 悟先生・サラさんご夫妻

食事ごとに「ゆるやかな糖質制限食」のルールを守り、血糖値を上げないことを心がけている山田先生ご夫妻。この食事法に取り組んでから山田先生は体重が10キロ減り、奥さまのサラさんは体重が3キロ増えたそうです。

「2人が出会った20代の頃の体重に戻りました。その人の適正体重に自然に落ち着くこともこの食事法の利点です」と山田先生。

サラさんは「夫につきあいカロリー制限をしていたとき、肌はカサカサ。目の下にくまもできていたのに噓のように解消しました」と美容効果を語ります。

高血圧症だった山田先生もすっかり健康体に。「糖質を控え、油をたっぷり使うことが実は減塩効果を高めてくれるのです」と種明かしをしてくれました。

1日の好スタートを切るために血糖値を上げない朝食にする

血糖値を上げない朝食

朝食でのたんぱく質や油の摂取は朝食後のみならず、昼食・夕食後の血糖値の上昇も抑制する。低糖質のパンとエクレアも朝食の定番。

筋肉分解のスピードは速いのでたんぱく質をとったうえで運動も

副交感神経を高めながら代謝を上げるヨガ

サラさんは副交感神経を高めながら代謝を上げるヨガを実践。週1~2回は教室で汗を流し、運動でも美しい体形と健康を維持する。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading