美容・健康

抗がん剤の副作用に負けない、強い腸を作る、グルタミンの力

治る力  現代人は医療や薬に頼りすぎて、もともと備わっている自然治癒力が減退しているといわれます。そこで「“治る力”を活性化するには?」という疑問に、専門家の方に具体的にお答えいただく連載です。記事一覧はこちら>>

「腸能力」を生かす(2)
善玉菌優位の腸内環境を作る、治癒力を重視した医療へ

「消化器外科なのに、なぜ腸管免疫を考慮した治療を?」と問われる機会が増えてきたという太田哲生先生。その度に「手術目的に外来を訪れる、がん患者さんの腸内環境が乱れていることが気になって」と答えるとか。

今回は、先生が実践されている、腸内環境を善玉菌優位の良好な環境に導く患者ケアについてのお話をうかがいます。

前回の「手術後の回復力に違いが出る「腸管バリア機能」とは? 」はこちら>>

金沢大学大学院 消化器・腫瘍・再生外科学教授 太田哲生(おおた・てつお)先生

金沢大学大学院 消化器・腫瘍・再生外科学教授
太田哲生(おおた・てつお)先生

1954年石川県珠洲市生まれ。 79年金沢大学医学部卒業後、同大学外科学第二教室へ入局。医学博士。 87年同大学助手、96年同大学講師、99年同大学助教授を経て、2006年より現職。 専門は消化器外科、特に肝臓、胆道、すい臓疾患の外科治療。 おなかの外科医の立場から、「なぜ腸を丈夫にすることが大事なのか」を語る、一般向けの講演にも力を入れている。

現代人の腸内は、年齢を重ねるごとにバランスが崩れ、40代以降になると、善玉菌の力が弱まり、日和見菌が悪玉菌に加担する率が高くなる傾向が見られます。これは加齢だけでなく、多忙による睡眠不足やストレス、偏った食生活など、生活習慣の乱れが要因と考えられます。

残念ながら外科領域の医療現場では、薬物療法や手術でがん患部を取り除くことに全力を傾けるも、治癒力の要といえる腸のバリア機能や免疫力を強化するケアには、あまり関心が向けられていないのが実状です。

しかし私たちは、手術を受ける患者さんの体に少しでもいいと思えることは何でも取り入れようという方針をとり、その一環として腸内環境を重視するケアを行ってきました。

抗がん剤の副作用に負けない、強い腸を作る、グルタミンの力

最近では、がんが見つかっても昔のようにすぐには手術をしません。まず抗がん剤で少しでも“がんの縮小”を図ってから手術を行うことが多くなりました。しかし、この抗がん剤治療も、腸の粘膜を障害します。

また、抗がん剤の副作用で血液中の白血球数が極度に少なくなって熱が出始めると、抗生物質が投与されます。そうなると、腸内細菌も死滅・減少するので、さらに腸内環境が悪化してバリア機能が低下し、同時に筋肉が減少していくサルコペニアという現象が引き起こされます。

それらを克服するには……と考えているときに、小腸の栄養源であり、創傷治癒力を高めるグルタミンの力を利用しようというアイディアがひらめきました。

抗がん剤治療や手術などのストレスを受けたときに必要なグルタミン量は1日約20グラムといわれ、最も需要量が多いのは小腸です。小腸のバリア機能や免疫力が正常に機能しているのもグルタミンのおかげなのです。

しかし、食事のみで1日の必要量を賄えない場合、不足分を体内のBCAA(筋肉組織の分枝鎖アミノ酸)を分解してグルタミンを作り、小腸まで送り届けるといった防御反応が働きます。抗がん剤治療によって小腸が激しく障害を受けてグルタミン需要量が増大すると、確実にサルコペニアに陥るわけです。

そこでサルコペニアを防止するには、経口でグルタミンと筋肉を作るBCAAを補給する必要があります。補給するのは、うまみ調味料のグルタミン酸ではありませんよ(笑)。

患者さんには手術の前後にグルタミンとBCAA関連アミノ酸(BCAAの代謝産物で筋肉を作る作用が強い)を多く含んだ「アバンド」や、グルタミンと善玉菌の餌となる食物繊維・オリゴ糖を含んだ「GFO」といった栄養補助食品に加え、腸内環境の改善を目的に「ヤクルト400」と「ミルミルS」の摂取をおすすめしています。私どもの医局では、BCAAを摂取して筋肉を作ることを“貯筋”といっています(笑)。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年5月号 4月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading