美容・健康

花粉の時期のゆらぎ肌に。プロに聞いたスキンケア術&おすすめアイテム

春のスキンケアのポイントは?

春は肌がゆらぎやすく不安定で敏感になりやすい時期。暖かい風が心地よい季節ですが、肌にとってはそうそう喜んでもいられないものです。花粉症の人にとってはなおさら辛い時期ですね。

肌がゆらぐ春は、お手入れをするのが怖い、メイクをする気になれない……、それでもキレイは保ちたい! そんな方におすすめのスキンケア&メイクをさまざまな女性誌を中心に活躍するヘア&メイクアップ・アーティストの新見千晶さんに教えていただきました。

■トピックス

【スキンケア編】
(1)洗顔:肌に負担をかけない洗顔の見直しを!おすすめ洗顔アイテム紹介
(2)保湿:春に万全の保湿を叶える!敏感な時期に重宝する保湿マスク&クリーム
【メイク編】
(1)ファンデーション:ポイントは最初に肌のキメを整えること。花粉の時期におすすめの下地アイテムとファンデーション
(2)アイメイク:マスクの日のメイクはコンシーラーとアイブローに注力!使い方と一押しメイクアイテムをご紹介。

【スキンケア編】

(1)洗顔

刺激は禁物!まずは洗顔を見直しましょう

花粉は肌が敏感になるひとつの要因。いつものスキンケア製品がしみたりピリピリとした刺激を感じたら、一時的でも肌が敏感になっている証拠です。

「敏感になっている肌には刺激を与えないことが鉄則。スキンケアの中でもクレンジングや洗顔など落とすケアは肌への負担が大きいので、まずは洗顔から見直してみましょう。

なるべく肌に負担をかけないように、洗いすぎないことが大事なので、1回でメイクの汚れ、肌の汚れの両方落とせるダブル洗顔不要なタイプで洗顔を。アイメイクなどのポイントメイクは専用のリムーバーで落としておきましょう。

もちろんゴシゴシこするのは禁物。この時期はお湯だけで落ちるマスカラを使うなど、落としやすいメイクを選ぶのも対策です」(新見さん)。

また寝ている間はそれほど肌は汚れないので、朝は水だけの洗顔で十分です。

~低刺激のおすすめ洗顔アイテム~

ドクターベルツ
潤いたっぷりのジェルで優しく洗顔

アンティア クリーンジェル 130g 3900円 お問い合わせ/ドクターベルツ フリーダイアル0120-315-215

植物性の洗浄成分と摩擦による刺激が少ない潤いたっぷりのジェルが、潤いを保てない状態にある敏感な肌の潤いを守りながら優しく洗い上げるダブル洗顔不要のクレンジング洗顔料。少しの刺激にも反応してしまう敏感な肌のために、10種類の植物性抗アレルギー、抗炎症成分とかゆみを抑制する成分を配合し、洗顔による刺激から徹底的に肌を守ります。

↓花粉症時期の美容術をもっと見る

【スキンケア編】
(2)保湿:春に万全の保湿を叶える!敏感な時期に重宝する保湿マスク&クリーム

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 12月1日(土)

3種同時発売!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading