学ぶ

【守りたい日本の鳥】12年前に初めて発見された「オガサワラヒメミズナギドリ」

12月・オガサワラヒメミズナギドリ

オガサワラヒメミズナギドリ

写真/川上和人

21世紀まで、誰もその鳥を知らなかった

選・文=川上和人(鳥類学者)

この鳥が新種として発表されてからまだ12年しか経っていない。日本で繁殖する鳥の中で、最も新しく発見されたのがこの鳥である。

彼らの繁殖は、小笠原諸島の東島という無人島だけで確認されている。地面に掘った穴で営巣し、夜間にしか巣に出入りしない。数も少なく、誰も存在に気付かなかったのだ。

オガサワラヒメミズナギドリ

写真/川上和人

先進国で未知の鳥が見つかることはほとんどない。日本の首都たる東京都で、21世紀までこんな鳥が隠れていたとは驚くべきことである。

とはいえ日本には6000以上の島があり、島ごとに違う生態系がある。それこそが日本の自然の最大の魅力だ。

海

写真/エムオーフォトス〈aflo〉

今もなおどこかの島で、まだ名前もつけられていない鳥が、誰かに見つけてもらうのを待っていることだろう。

『家庭画報』2022年12月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading