美容・健康

簡単アイメイクで旬の眼差し。深みレッドは“ポイント使い”で品よくドラマティックに

【深みレッド】
温感ブラウンの存在が赤を品よくまとう鍵

深みレッド

光を仕込み、色を重ねるのが基本。軽やかなのに、しっかり目力も生まれます

色と光のレイヤードを楽しむ4色使いのアイメイク。これまでパレット内の色を一つずつ塗り分けていたかたも、重ねるテクニックをマスターすれば、軽やかなのに奥行きニュアンスのある“旬の目力”が簡単に手に入ります。

旬のアイメイクをヘア&メイクアップ アーティストの西山舞さんが解説します。

西山 舞さん
LUGAR主宰。1986年にアーティストとして活動を開始し、数々の女性誌や広告等の撮影に携わる。化粧品のプロデュースも行うなど、幅広く活躍する。

表示価格はすべて税込みです。

撮影/富田眞光〈vale.〉(人物)、渡邉宏基(静物) ヘア&メイク/西山 舞〈LUGAR〉 スタイリング/後藤仁子(人物) モデル/田中 玲、怜花 取材・文/佐藤由喜美

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

『家庭画報』2023年5月号

5月号 4月1日発売

徳川家康の秘密

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading