アート・カルチャー・ホビー

国宝《曜変天目(稲葉天目)》が丸の内に! 静嘉堂文庫美術館が移転オープン

家族で楽しめる話題のカルチャー情報

街を挙げて秋を盛り上げる銀座でそぞろ歩きを楽しみ、新しくできた注目のアートスポットへ。

数々の国宝が丸の内に
【静嘉堂文庫美術館】

静嘉堂文庫美術館

展示ギャラリー(ホワイエ)完成予想図 資料提供:竹中工務店

東京・世田谷区の岩﨑彌之助、小彌太父子が所有した庭園内に1992年設立された静嘉堂文庫美術館の展示ギャラリーが、2022年10月1日、丸の内の明治生命館1階に移転オープンしました。

父子2代にわたって蒐集した、国宝7件、重要文化財84件を含む約6500件の東洋の古美術が丸の内にやってきます。

国宝《曜変天目(稲葉天目)》 静嘉堂文庫美術館蔵

国宝《曜変天目(稲葉天目)》 静嘉堂文庫美術館蔵

開館を記念するオープニング展示は『響きあう名宝―曜変・琳派のかがやき―』。当美術館を代表する、国宝《曜変天目(稲葉天目)》をはじめ、前・後期に分けて7件の国宝すべてが公開されます。

静嘉堂@丸の内
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館1階
TEL:050(5541)8600(ハローダイヤル)
開館時間:10時~17時(金曜は18時閉館、入館は閉館時間30分前まで)
休館日:月曜、2022年11月8日、9日
入館料:1500円(一般)

表示価格はすべて税込みです。

『家庭画報』2022年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

3月号 2月1日発売

私の最高レストラン

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading