美容・健康

若々しい見た目を保つ、最前線の治療法。「肌の再生医療」のメリット、デメリットは?

治療の流れ

カウンセリング(無料)
肌に関する悩みや要望を確認したうえで、施術内容などについて医師が詳細に説明。

血液検査
医療機関において、B型肝炎やヒト白血病ウイルスといった計5項目の血液検査を行う。

皮膚採取
細胞を培養するための皮膚を耳の裏から採取。併せて細胞培養に使用する血液も採取。

細胞培養
細胞培養加工施設で専門技術者が採取した皮膚から肌細胞を抽出し、約1万倍に培養。

細胞移植
約1万倍に増殖培養した肌細胞をクリニックに輸送し、患者本人の患部に移植する。

検診(無料)
移植して数か月後の検診では、治療前の写真と比較しながら医師が経過について説明。

自然な若返り治療の最先端です!
肌の再生医療
北條元治先生

RDクリニック東京銀座 医師 セルバンク 代表取締役CEО。弘前大学医学部卒業。2004年細胞保管や再生医療技術支援を行うセルバンク設立。東海大学非常勤講師。著書多数。

Information

RDクリニック東京銀座

東京都中央区銀座1-3-1 銀座富士屋ビル9階

TEL 0120-515-056
営業時間 10時~19時
定休日 不定休 完全予約制
  • 細胞抽出:「バンク20プラン」
    (20ccの肌細胞を抽出・保管できるプラン) 27万5000円
    細胞移植 初回12万6500円~
    ※6ccの肌細胞を抽出・保管できる「モニタープラン」もあり。

〔特集〕アンチエイジング医療 家庭画報世代の新常識

取材・文/冨部志保子 撮影/大見謝星斗 図表・写真(症例・培養作業・内観)提供/セルバンク

『家庭画報』2021年11月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報7月号

7月号 6月1日発売

アウトドアで大人遊び

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading