美容・健康

【統合医療最前線1】医療の理想系?生涯現役をサポートする“統合医療”とは

今、医療の在り方が変わる! 積極的な人生の伴走をする健康のコンシェルジュに

浦田クリニック

[右から]副院長 森田祐二先生、整形外科 種市靖行先生、名誉院長 竹越 襄先生、消化器内科・内視鏡内科 森永秀夫先生、理事長 浦田哲郎先生、消化器内科・一般内科 日下一也先生 、院長 納藤眞生先生、整形外科・スポーツ整形 林 美希先生、糖尿病内科・一般内科 小清水由紀子先生

富山県魚津で、日本最先端のアンチエイジング医療に取り組んできた浦田クリニック。“生涯現役”を目標に根本からの健康づくりのノウハウと、先端の予防医学を融合させた統合医療クリニックを、金沢にオープン。その取り組みは、日本で唯一無二、未来型の医療であり医療の理想形として、国内外から注目を集めています。

浦田哲郎先生に聞く〝生涯現役〞のための最先端医療の在り方

医療法人ホスピィーグループ 理事長 浦田哲郎先生

医療法人ホスピィーグループ 理事長 浦田哲郎先生

すべての人の健康をサポートする施設を

長年にわたり、地域のかかりつけ医として活躍してきた浦田哲郎先生。さまざまな患者さんと接するうちに、これからあるべき医療とは、既にある病気に合った薬を処方するだけでなく、予防を含め生涯の健康をトータルにサポートすることだと気づいたといいます。

「病気の人はもちろん、病名はつかないけれど不調を抱えている人、健康を維持したい人まで、すべてをサポートできる複合施設が必要だと考えました。病気の根本的な治癒、不調の改善には、最先端の検査、歯科や東洋医学との連携も必要です。そして未来の病気の予防のためにも“運動””栄養”“癒やし”が欠かせません」。

その信念のもと、誕生したのが浦田クリニック/スコール金沢。地域のかかりつけ医を目指す浦田クリニックを母体とし、メディカルフィットネス&スパを融合させた、国内初の大型施設です。

浦田クリニック/スコール金沢 フィットネススタジオ

“生涯現役”を貫くのに、運動は不可欠。フィットネススタジオでは、最新鋭のマシンで自分に合う運動をプログラム。

浦田先生が目指すのは、生涯現役で過ごすこと。いつまでも若々しい外見を保ち、旅行やお稽古事などの趣味にいそしみ、仕事や社会貢献を続けるためには、健康が不可欠です。

「残念ながら、通常の健康診断で問題ないという結果が出ても、ご自身ではどこかしら不調を感じていることも。また、人間ドックの検査結果から運動、食事の見直しが必要とわかっても、実践と継続が難しく、薬に頼っているかたが多いはずです」。

そこで浦田クリニックでは、病気の早期発見に努めるだけでなく、将来かかるかもしれない病気のリスク分析や、がんも含めた生活習慣病の予防を積極的に提案。検査結果をもとに、そのかたに合った癒やし、食事、運動で改善を目指します。

家庭画報 最新号

家庭画報 九州特集

2018年6月号 4月28日(土)発売!

緑眩しい九州へ 猫のいる愛しき人生!ほか

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading