美容・健康

出かけない・会わない・話さない「脳の活動量低下」が“コロナうつ”を引き起こす

コロナ禍特有の行動パターンで使われなくなった脳番地がある

一方、その人の行動・思考パターン、欲求などによって使われなくなり、休眠状態になる脳番地もあります。

「コロナ禍による行動パターンの変化でも同じようなことが起こっており、どの人も最も影響を受けているのが運動系脳番地です。脳の活性化を促すうえで1日1時間以上動き回ることが必要ですが、その機会が減り、運動系の働きが確実に低下しています」と加藤先生は警告します。

また、外出しなくなることで外から入ってくる刺激が少なくなり、視覚系と聴覚系の働きも弱まっています。

さらに朝寝坊や夜更かしが増え、概日リズムが乱れると記憶系脳番地が衰え、一人暮らしで誰にも会わない、誰とも話さない日々が続けば伝達系脳番地を使わなくなります。

「こうした状況は脳内ネットワークの連携を弱め、コロナうつを発症するおそれもあるため、今こそ使っていない脳番地を刺激することが重要です」と加藤先生はいいます。

次回は、脳のやる気を引き出す生活術と心のさまざまな不調を和らげる脳トレ法を具体的に紹介していきます。

〔解説してくださった方〕加藤俊徳(かとう・としのり)先生
加藤俊徳先生

加藤プラチナクリニック院長、「脳の学校」代表。脳内科医、昭和大学客員教授。1995年~2001年、米国ミネソタ大学にてアルツハイマー病などの脳画像研究に従事。独自開発した加藤式脳画像診断法を用いて、小児から超高齢者まで1万人以上を診断・治療。最新刊は『「優しすぎて損ばかり」がなくなる感情脳の鍛え方』。毎週土曜夜、InterFM897で『脳活性ラジオ Dr加藤 脳の学校』を放送中。

withコロナ時代の健康術

1「血管」
1−1 血管の老化はさまざまな病気を招く
1−2 血管年齢を調べる
1−3 血管を若く保つ

2「飲み込む力」
2−1 飲み込む機能が衰えると命にかかわることも
2−2 嚥下の仕組み
2−3 飲み込み方トレーニング

3「骨盤底筋」
3-1 骨盤底筋が衰えることで困っている中高年女性が増加中
3-2 骨盤底筋がゆるむ
3-3 骨盤底筋の鍛え方

4「胃の健康」
4-1 胃は病気がなければ年をとっても衰えにくい
4-2 胃の機能やピロリ菌
4-3 胃の検診・受診
4-4 胃によくない生活習慣を断つ

5「スマホ老眼」
5-1 巣ごもり生活で増加する“スマホ老眼”を予防する
5-2 目の働きと仕組み
5-3 目の老化を防ぐ

6「手と指の痛み」
6-1 家事・仕事・趣味を続けるために“手と指の痛み”を予防する
6-2 手・指の関節や腱
6-3 手・指の健康を保つ

7「マスク熱中症」
7-1 日常的に脱水を予防して“マスク熱中症”から身を守る
7-2 体の水の出入り
7-3 脱水になりにくい体

8「歯の健康」
8-1 歯周病が慢性病の引き金にも。歯の病気に気づくセルフチェック10項目
8-2 成人が歯を失う主な原因3つ。人生100年時代に多くの歯を残すには
8-3 歯磨き粉はつけない? 舌は磨かない? 知っておくべきオーラルケアの基本

9「コロナうつ」
9-1 コロナ禍の生活で脳の働きが低下しているかも⁉ あなたの危険度をチェック
9-2 出かけない・会わない・話さない「脳の活動量低下」が“コロナうつ”を引き起こす
9-3 脳のやる気を引き出す生活術&脳トレ法で、コロナうつを予防し健やかな心を保つ(9/16公開予定)

取材・文/渡辺千鶴 イラスト/にれいさちこ

『家庭画報』2021年9月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading