美容・健康

暑い夏でも、メイクを崩さず美しく保つために。プロに聞いた「ベースメイクのコツ」

夏は、ファンデーションが汗やマスクのすれで崩れてしまいがちですが、紫外線の強い日中に何も塗らないというわけにもいきません。暑い夏でも仕上がりの美しさを保つために、プロが実践しているベースメイクのコツを紹介します。

1.ひと手間でマスクへの色移りが軽減

マスクがこすれる頬骨のあたりは、特にファンデーションが崩れやすい箇所。美容ジャーナリストの近藤須雅子さんが教えてくれたのは、「ファンデーションを塗ったらティッシュで軽く押さえて油分をオフし、透明フェイスパウダーを軽く重ねる」というテクニック。このひと手間でマスクの汚れが抑えられ、化粧持ちもぐんとアップしますよ。詳しく読む>>

2.ファンデーションは最小限に

ファンデーションの崩れが気になるなら、塗る面積を少なくしてみてはいかがでしょう。「ファンデーションを顔全体に塗る必要はありません。パーツによって強弱をつけましょう」と言うのはメイクアップアーティスト山口童子さんです。

ファンデーションは、「目の下の三角ゾーンと小鼻のまわり、口角の下」と主に影になる部分に使いましょう。その代わりに下地を顔全体に丁寧につけることがポイントです。厚塗りしないことで、フレッシュであか抜けた印象に仕上がりますよ。詳しく読む>>

3.シミを隠すときはパウダーをのせて浮き防止を

ヘア&メイクアップ・アーティストAKANEさんによると、大きなシミを隠したい場合は、コンシーラーを塗った後、すぐにファンデーションを塗らず、コンシーラーとファンデーションの間にフェイスパウダーを挟み込むとよいそう。このひと手間を加えることで、コンシーラーとファンデーションが混ざりにくくなり、浮くことを防げます。詳しく読む>

4.新作のフェイスパウダーでふんわり美肌に

ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーをふわりと重ねれば、肌をつややかに美しく見せてくれるだけでなく、メイクの崩れも防いでくれます。注目の最新アイテムを紹介します。

▼下の写真をスワイプしてご覧ください。フォトギャラリーで詳しく見る

表示価格はすべて税込みです。

●お問い合わせ

コスメデコルテ
フリーダイヤル:0120-763-325 https://www.cosmedecorte.com/

クレ・ド・ポー ボーテ
フリーダイヤル:0120-86-1982 https://www.cledepeau-beaute.com/jp

ドルチェ&ガッバーナ ビューティお客さま窓口
フリーダイヤル:0120-500-722
https://www.shiseido.co.jp/sw/c/products/SWFG070210.seam?zbr=J6&p=1

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading