アート・カルチャー・ホビー

“自分らしさ”を生きる2本の映画『テスラ エジソンが恐れた天才』、『MISS ミス・フランスになりたい!』

それぞれがそれぞれの、“自分らしさ”を生きる。2本のおすすめ映画

『テスラ エジソンが恐れた天才』

テスラ

© Nikola Productions, Inc. 2020

1884年、クロアチアからニューヨークにわたり、発明家エジソンのもとで働き始めたテスラ。だが、直流電流を支持するエジソンに、自分が研究する交流電流を否定され、失望した彼は、自身の会社を設立する。

その後、確立した交流システムが、1893年のシカゴ万博で認められ、電流戦争でエジソンに勝利したテスラは、銀行家J・P・モルガンの投資を得て、コロラドで無線通信の発明に取り組むものの、他の科学者に先を越され……。

映画のタイトルが示すように、エジソンが恐れた天才発明家テスラ。そのただならぬ頭脳、駆け引きのできない純粋さゆえ、孤高を生きた人を、イーサン・ホークが見事に演じている。

『MISS ミス・フランスになりたい!』

MISS

© 2020 ZAZI FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE2CINEMA – MARVELOUS PRODUCTIONS

幼年期に両親を失い、今は場末のボクシングジムを手伝っているアレックス。

ボクサーとして活躍する幼なじみエリアスとの再会に触発された彼は、かつて自分が抱いたミス・フランスになる夢を叶えようと性別を隠してコンテストに挑戦する。

クセ者揃いの下宿仲間の助けを得て、アレックスは少しずつ夢に近づいてゆくが……。

厳しい選考の内幕とともに、彼の内面の変化を描いた『MISS ミス・フランスになりたい!』。主演アレクサンドル・ヴェテールの美しさに目を奪われる。

『テスラ エジソンが恐れた天才』

2020年 アメリカ映画 103分
監督・脚本/マイケル・アルメレイダ
出演/イーサン・ホーク、カイル・マクラクラン、イヴ・ヒューソン
公式URL/https://cinerack.jp/tesla/
2021年3月26日より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開


編集部おすすめ
『MISS ミス・フランスになりたい!』

2020年 フランス映画 107分
監督・原案・脚本/ルーベン・アウヴェス
出演/アレクサンドル・ヴェテール、イザベル・ナンティ、パスカル・アルビロ、ステフィ・セルマ
公式URL/https://missfrance.ayapro.ne.jp/
シネスイッチ銀座ほかにて公開中

取材・構成・文/塚田恭子

『家庭画報』2021年4月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

9月号 7月30日発売

「本物印」の食材で最高の朝ごはん

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading