美容・健康

健康寿命を左右する「骨盤底筋」をご存知ですか? 衰えをチェックする10の項目

閉経後は骨盤底筋が衰えやすく健康寿命を実現できなくなる

この女性ホルモンの減少による健康ダメージで最初に注目されたのは更年期障害です。そして平均寿命の延伸とともに骨粗しょう症や動脈硬化など閉経後の女性に多くみられ、寝たきりの原因にもなりうる病気が問題視されるようになりました。

さらに誰もが元気で長生きしたいと健康寿命を目指すようになった現在は、自分の足で歩いたり、自分で食事をとったりするのと同じくらい大事なことである排泄コントロールに深くかかわる骨盤底筋に、ようやく関心が向けられるようになったといいます。

「女性ホルモンには筋肉の組織に弾力を持たせる働きがあり、減少することで骨盤底筋の筋肉もハリがなくなってきます。閉経後は骨盤底筋が衰えやすく、この前後の時期にしっかりセルフケアを行わないと10~20年後には排泄コントロールがうまくできなくなり、自分らしく楽しく生きる健康寿命を実現するのが難しくなる人も少なくありません」と高尾先生は注意を促します。

下のリストでチェックしてみましょう

骨盤底筋ダメージチェック

withコロナ時代の健康術

1「血管」
1−1 血管の老化はさまざまな病気を招く
1−2 血管年齢を調べる
1−3 血管を若く保つ

2「飲み込む力」
2−1 飲み込む機能が衰えると命にかかわることも
2−2 嚥下の仕組み
2−3 飲み込み方トレーニング

3「骨盤底筋」
3-1 骨盤底筋が衰えることで困っている中高年女性が増加中
3-2 骨盤底筋がゆるむ(3/4公開予定)
3-3 骨盤底筋の鍛え方(3/5公開予定)

取材・文/渡辺千鶴 イラスト/にれいさちこ

『家庭画報』2021年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

11月号 10月1日発売

京都の醍醐味

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading