家庭画報サロン

【イベント開催レポート】妙心寺退蔵院 での特別茶会

紅葉も名残となった12月、『家庭画報』本誌2017年11月号「紅葉を礼讃する」でご紹介した妙心寺退蔵院にて特別茶会が開かれました。

【イベント開催レポート】妙心寺退蔵院 での特別茶会

待合で「末富」製の主菓子をいただいた後「囲の席」へ。釜は古芦屋獅子牡丹文、水指は伊部 福耳。書院には薄茶席も設けられた。

濃茶は通常非公開の二畳台目「囲の席」にて、席主・筒井紘一氏の説明を聞きながら順服。また退蔵院の副住職、松山大耕師の案内で枯山水庭園「元信の庭」を観賞しました。

【イベント開催レポート】妙心寺退蔵院 での特別茶会

濃茶席には藤原伊行筆の戊辰切。花入は江岑(こうしん)在判の大瓢。

【イベント開催レポート】妙心寺退蔵院 での特別茶会

「この庭は、室町時代の画家、狩野元信の最晩年の作品です」と松山師。

昼食は池に映る紅葉を愛でながら別棟の「大休庵」へと席を移し「たん熊北店」の点心を堪能。冬間近の京都で、2017年最後の秋を楽しむ一会となりました。

「たん熊北店」の点心。織部片口向付に鯛昆布締め、煮物椀は日月椀に店の名物、すっぽん真丈。

「家庭画報サロン」へ入会しませんか。

「家庭画報サロン」は、会員限定のイベントの実施、会員の親睦、有意義な情報提供をし、『家庭画報』に親しんでいただくことを目的とする会です。『家庭画報』を年間定期購読されているかたであれば、どなたでも入会できる読者の会です。まだご入会いただいていないかたは、これを機にぜひご入会ください。

詳しくはこちら>>

撮影/前川政明

「家庭画報」2018年3月号掲載。
この記事の情報は、掲載号の発売当時のものです。

おすすめキーワード

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年9月号 8月1日(水)発売!

「音楽」を愛す

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading