最新号

【11/1発売】招く日の華麗なるインテリア/美しい日本の文房具 『家庭画報』2019年12月号

※「通常サイズ版」と「プレミアムライト版」は、一部内容が異なります。「プレミアムライト版」では、「通常サイズ版」に収録されている記事のうち、連載をはじめとする一部の記事を収録しておりません。 詳細は次ページ目以降に掲載の、全目次をご覧ください。
※一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

主な特集(「通常サイズ版」「プレミアムライト版」共通 )

招く日の華麗なるインテリア

クリスマスや忘年会など、集う機会の増えるこの時期。お世話になったかたを自宅にお招きすることもあるでしょう。今年は、インテリアに少し手を加えて、家全体をお洒落に演出してみてはいかがでしょうか。いつもと違う素敵なおもてなしに、ゲストの気持ちも盛り上がり、忘れられないひとときを過ごしていただけるはずです。

本誌ゆかりのかたおすすめ
私が愛するレストランへ

本当に心地よく過ごし、心に響く料理を楽しめるレストランとは? ここ3年以内に新たなスタートをきった話題店の中から、美食を愛するかたがたに、とっておきを教えていただきました。

世界が注目する機能とデザイン
美しい日本の文房具

昔から日本人は、四季折々に文ふみをしたため、花の枝に巻きつけたり、香を焚きしめたりと、使う道具やスタイルにもこだわってきました。今回は、日本人の細やかな感性と優れた技術が生かされた、日本の文房具をご紹介します。

“ラグジュアリー”も自然回帰の時代
眼福のハイジュエリー

稀少な宝石を惜しげもなく使い、匠の技で粋を尽くしたトップブランドのマスターピース。それはスーパーハイジュエリーとも呼ぶべき美しく価値あるもの。その世界で今、大きな流れとなっているのは、花々や動物をかたどったデザインです。真の豊かさを象徴する彩り鮮やかな自然こそ、今の時代、いちばんの 贅沢 なのかもしれません。

肌の未来を委ねる最高峰スキンケア
美を極めるラグジュアリー美容

心地よい質感や香りに加え、驚くほどの美肌効果も。今、ラグジュアリー美容の意味が変わってきています。がんゲノム医療やiPS細胞を利用した治療など、先進医療の進展は目覚ましく、その成果は皮膚科学や化粧品開発にも大きな変革をもたらしました。ほんの少し前までは夢物語だった、いつまでも若々しい美しさを保つエイジングケアが現実のものとなりつつあります。今季注目の、真に贅沢な最新美容をご紹介します。

尾上菊之助が通し狂言の創作に挑む
「風の谷のナウシカ」を傾(かぶ)く

『風の谷のナウシカ』は原作者である宮崎 駿さんが、精魂を込め、思いのすべてを詰め込んだいちばん大切にしているという作品。全7巻にわたる原作コミックスの壮大な物語が昼夜の通し狂言として上演されることになった。新作歌舞伎としては、類を見ない大作となることは間違いない。尾上菊之助さんの作品への思いを伺うとともにトルメキア帝国の第四皇女・クシャナ役を勤める中村七之助さんと、ナウシカの父・ジルの旧友でナウシカの師でもあるユパを演じる尾上松也さんに、新作歌舞伎における役作りについて語っていただいた。

【対談連載】松岡修造の東京2020への道―届け! 熱い思い―
パラ・クリエイティブプロデューサー/ディレクター
栗栖良依さん


今回のゲストは、障がい者とアーティストをつなぐイベントなどを精力的にプロデュースしている栗栖良依さん。東京2020大会では主にパラリンピックの開閉会式を担当しています。病気のため一度は手放した夢に向かって邁進する栗栖さんは、松岡さんも驚くほど前向きでエネルギッシュな女性でした。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年12月号 11月1日(金)発売

招く日の華麗なるインテリア

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading