最新号

「いわさきちひろ」絵はがき付録も!『家庭画報』2018年8月号 6/30発売

2つのサイズで6/30(土)発売です!

※「通常サイズ版」と「プレミアムライト版」は、付録をはじめ、一部内容が異なります。「プレミアムライト版」では、「通常サイズ版」に収録されている記事のうち、連載をはじめとする一部の記事を収録しておりません。 詳細は次ページ目以降に掲載の、全目次をご覧ください。
※一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

・【TSUTAYA限定!】軽井沢小冊子つき『家庭画報』8月号も6/30発売。詳しくはこちら>>

主な特集(「通常サイズ版」「プレミアムライト版」共通 )

 

暮らすように過ごす
軽井沢の魅力


今や国際的にも注目される名門避暑地「軽井沢」。常に輝き続ける原動力は、どこにあるのでしょうか? 取材を重ねるほどに、この地をこよなく愛す人々が、変わらぬ良さを守りながら、たゆまぬ努力で、新たな魅力を発信し続けているからであることに気づきます。今年は優雅な軽井沢ライフを通し、その魅力に迫るとともに、風土の底力をたっぷりと味わえる美食処や夏ならではの芸術散策へご案内します。

生誕100年 いわさきちひろの世界
―暮らしを慈しみ、いのちを描いた画家―

あどけなく甘く優しい子どもの笑顔。ちひろが描く絵は愛を教えてくれ、眼差しは平和の願いを伝えます。日々の暮らしを大事にしたちひろの思い出を訪ねて。

贅を極めたクルーズ船とともに
瀬戸内海をめぐるラグジュアリーな旅へ

広島県尾道市にあるラグジュアリーリゾートホテル「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」とその眼下にあるベラビスタマリーナを発着港とし、昨年就航したクルーズ船「ガンツウ」。この二つを組み合わせた3泊4日の読者限定特別ツアーを実施します。歴史と文化に彩られた島々と海をめぐる旅。日本の海の豊かさにふれる新しいスタイルの旅に、出航!!

知花くらら、工芸作家の超絶技巧をまとう
涼を呼ぶ夏の織り


風をまとう、極上の夏の織り。その衣は、作家たちの心が発露した類い稀なる美を醸し出します。独自の技で作品を生む重要無形文化財「紋紗」保持者・土屋順紀さん。そして、「こめ織」の海老ヶ瀬順子さんと「生絹(すずし)」の佐野美幸さんの作品も加え、知花くららさんが、今、最も美しい夏の織りをまといます。

 

日本橋から発信するアンチエイジング
江戸前「糖質オフ」昼膳

江戸の歴史と食文化を色濃く残す東京・日本橋。この街を支える老舗の若き主人たちは、今熱い想いに満ちています。それは、2020年に向け、街ぐるみで取り組む「糖質オフ」プロジェクト。伝統を守りながらも時流に合わせた柔軟な変化を取り入れ、次の世代につなげることこそ「江戸前」。そんな心意気が新しい潮流を生み出しました。

【新対談連載】
松岡修造の東京2020への道

東京2020オリンピック・パラリンピックまで、まもなくあと2年となる今、その成功に向けて尽力する人々の熱い思いをご紹介する対談連載がスタートします。ホスト役は日本一熱い男・松岡修造さん!!

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2018年12月号 11月1日(木)発売!

「贈り物」新スタイル

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

家庭画報編集部SNS

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading