最新号

【12/1発売】『家庭画報』2022年1月号 極上ホテルで運を開く/フィギュアスケート2大特集〔村元哉中&髙橋大輔 夢への挑戦/宇野昌磨 僕の信じる道〕

家庭画報2022年1月号

●主な内容

華やかな新年の特別ステイ
極上ホテルで運を開く

2022年は、新年の始まりを祝福する気分を楽しむ華やかなホテルに出かけてみてはいかがでしょうか。家庭画報読者のためだけに用意されたプライベート感を味わう憧れのリゾートや都心の絶景を堪能する名門ホテルの特別プラン。そして、最近話題を呼んでいるアートに浸るホテルまで、新たな年の幕開けにふさわしい優雅な旅をご紹介します。心身が充実する滞在で、運気まで高まることでしょう。

パンデミックの時代が求める音楽
ワルツの熱情

新年の幕開けと共に世界に流れるウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの中継。美しいワルツの調べに人々は陶酔し、3拍子のリズムは寿ぎのムードを一層高めます。けれど、ワルツにはもう一つの顔があります。ヨーロッパ社会にペストやコレラ、スペイン風邪が蔓延したパンデミックの時代、不穏な空気に覆われる中、熱に浮かされるかのようにワルツは流行してきました。ワルツには時代の激流に翻弄される人々を惹きつける何かが潜んでいるかのようです。明と暗が表裏一体となったワルツの底知れない魅力を訪ねます。

夢と憧れの宇宙旅行時代へ
宇宙画報

2021年9月、米スペースX社はミッション「インスピレーション4」で民間人のみの3日間の地球周回飛行に成功。気宇壮大な夢物語でしかなかった民間宇宙旅行が、遂に現実のものとなりました。日本においては、2021年は、野口聡一、星出彰彦両宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在に続き、実業家の前澤友作さんら2名が、ロシアのソユーズ宇宙船で12月にISSに向かいます。宇宙事業は、21世紀初頭より民間のベンチャー企業が参入したことで、開発のスピード感が異次元の高まりを見せています。今、注目の民間宇宙旅行の現在進行形を追いました。

新春特別対談
生きる喜び、ふたたび

28年前、『家庭画報』新年号の対談ページにご登場いただいた黒柳徹子さんと五木寛之さんが、ふたたび「生きる喜び」をテーマに語り合います。それぞれ長寿の番組と連載を続けるお二人の言葉には、コロナ禍が続く世の中でも、新年を明るく迎え、豊かな人生を送るためのヒントが詰まっています。

“東京2020メダリスト”がまとう正月きもの

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で、世界中を沸かせたメダリストたちが、競技ウェアから晴れやかなきものに着替えてご登場。栄冠に輝くまでの道程や思い、周囲への感謝、これからの夢を語ります。

「時分の花」が艶やかに傾(かぶ)く
歌舞伎界の若き獅子たち2022

『風姿花伝』で世阿弥が「時分の花」という言葉で表わしたように若手歌舞伎俳優の彼らには、今、この瞬間だからこそ放つ美しさと輝きがある。彼らはそれぞれの個性が光る装いとともに、そのパッションと表現力、そして抱き続けている歌舞伎に対する深い愛を語ってくれた。

フィギュアスケート2大特集
アメリカ・フロリダ特別取材
村元哉中&髙橋大輔 夢への挑戦

村元哉中選手&髙橋大輔選手が、アイスダンス新カップル結成の記者会見に臨んだ2019年9月30日。会見場を包んでいた興奮と熱気を今もはっきりと覚えている。あの日から早2年と2か月。北京五輪出場を目標に、驚くべき進化を遂げているお二人だが、コロナ禍の今、日本でお目にかかる機会は少ない。それならば! というわけで、練習拠点のフロリダを特別に訪問させていただいた。

フィギュアスケーター 宇野昌磨
僕の信じる道

平昌五輪での銀メダルからまもなく4年。つぶらな瞳と少年のような笑顔で国民の心をつかんだ宇野昌磨選手も、今や24歳を迎える凜々しい青年に。北京五輪で活躍が期待される宇野選手の魅力に迫る。


※「通常サイズ版」と「プレミアムライト版」では、付録が異なります。

●通常サイズ版「新春3大付録」

1)〔別冊付録〕さらりと書けて心伝わる 年賀状書き方BOOK

2)〔別冊付録〕輝きのジュエリーカレンダー2022

3)〔綴じ込み付録〕家庭画報オリジナル  村元哉中選手&髙橋大輔選手 ポストカード4枚


●プレミアムライト版 付録

〔綴じ込み付録〕家庭画報オリジナル 宇野昌磨選手 ポストカード2枚

※「プレミアムライト版」には、別冊付録は付きません。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

家庭画報2022年1月号

1月号 12月1日発売

新年を寿ぐ

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading