最新号

【4/1発売】『家庭画報』2021年5月号 日本の「新緑遺産」/佐渡裕 情熱の音楽人生 ほか

主な内容(「通常サイズ版」「プレミアムライト版」共通 )

自然がくれる癒しの力
日本の「新緑遺産」

今、森の中を歩いていると想像してみてください。土の匂い、小枝を踏む音、鳥のさえずり、葉擦れの音、木漏れ日など、五感を通して自然が私たちに語りかけてくれます。新緑が美しくなるこの時期、自然の中で、また自宅で、「森の効用」を取り入れる暮らしを提案します。

祝・還暦記念企画 日本が誇る世界的指揮者に密着
佐渡 裕 情熱の音楽人生

1989年ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝し、鮮烈なプロデビューをしてから32年。その溢れる情熱、カリスマ性、人間力で、世界への扉を開け続け、活躍の場を広げているマエストロの、これまで、今、そしてこれからの指揮者人生に迫ります。

歩み続ける永遠の花の都
私たちを待つパリ

新型コロナウイルス感染拡大による激動の時代にあって、花の都、パリも新しい時代に向けて大きく変わろうとしています。環境や健康、次世代を考えたライフスタイルを提案する人々、パリ五輪を見据えた、数々の新しい文化施設など。次に私たちが訪れるパリは、さらに魅力的になっているでしょう。現地から、“パリのエネルギー”をお届けします。

今こそ、教養として知っておきたい
アートという資産

今、日本では空前の現代アートブーム。投資を目的に購入する人も増えています。現代アートは本当に資産となりうるのでしょうか。そのためのノウハウを著名なコレクターやギャラリスト、オークションハウス、投資家など専門家に教えていただきました。手に入れたお気に入りの一点が、将来、大きな価値を持つ日がやってくるかもしれません。

パリ&ミラノ&ニューヨークコレクションより
幸せ色をまとう、春

煌めく陽光と豊かな彩りに溢れる春──。新しい日常に寄り添うリラックスしたエレガンスを掲げながらも、今シーズンは、一段と自由でポジティブなスタイルが花開きました。トップメゾンの麗容な装いを、咲き誇るカラーパレットとともにお届けします。

トップスタイリストが家庭画報読者をアレンジ
日常が美しく輝く 心地よいヘアスタイル提案

日々の暮らしを美しく豊かなものにする要の一つは、自分らしくいられる“心地よい”ヘアスタイルです。人気のトップスタイリスト5名に、読者の魅力をさらに引き出すアレンジをご提案いただきました。髪の悩みを解決するプロのアドバイスとアイテムもご紹介。

わたしの人生の灯台
母の肖像

誰にでも“お母さん”がいます。当たり前でありながら、かけがえのない特別な存在。どんなかたちであれ、母親ほど私たちに大きな愛情を注ぎ、影響を与える人はいないでしょう。“母の愛”が人生の大きな道しるべとなった3人のかたの心に響く物語をお届けします。

【対談連載】松岡修造の東京2020への道―届け! 熱い思い―
東京2020スポーツディレクター、アジア・オリンピック評議会アスリート委員長 小谷実可子さん

昨年10月に東京2020大会のスポーツディレクターに就任した小谷実可子さんは日本のアーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)界のパイオニア。松岡さんの“小谷さん礼賛”で幕を開けた対談では、明るい笑顔と飾らない言葉で、大役への覚悟やオリンピックへの思いを明かしてくれました。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

7月号 6月1日発売

新「洋食器」の楽しみ方

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading