インタビュー・レポート

岩田剛典さんが新たな顔で魅する映画『名も無き世界のエンドロール』

【今、この人に会いたい!】岩田剛典さん ※秘蔵フォトギャラリーあり


本作で岩田さんが演じたキダは、「大人になってからも幼なじみを思い、もやもやとしながらも計画遂行のために突き進む役柄でした」。

これまでの自身のイメージとは違う役に惹かれた

2012年に小説すばる新人賞を受賞した行成 薫さんによる小説『名も無き世界のエンドロール』が、岩田剛典さん主演で映画化されることに。岩田さんが演じるのは、穏やかで優しい性格ながら、裏の世界に身を置くことになるキダ役。キダと強い絆で結ばれた幼なじみ・マコトに新田真剣佑さんが扮していますが、実は原作を読んだときに自分はマコト役なのではと思ったと岩田さんは言います。その理由を「今まで演じてきた役柄だったり、客観的に見て僕のイメージに近いのはマコトなのかなっていう印象があったんです」と岩田さん。でも、岩田さんが抜擢されたのは、キダ役でした。

「例えば、笑顔が多いという印象の役だと、観てくださる方はだいたい一緒に感じるというか。同じ役なわけはないんです。でも、全然違う役をしているのに、なんとなくその人の印象みたいなものが同じになってしまうみたいなところがないですか? そういう意味で、今回はちょっと違う役だったので、そこに惹かれました。なんとなくがらっとイメージが変わるようなものを得られるんじゃないかなっていうところにチャレンジしたかったんですよね」

次のページ

まだ制服!?

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

6月号 4月30日発売

魅惑の「豪邸」拝見

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading