インタビュー・レポート

八郎役で人気急上昇! 松下洸平さんが3年ぶりにライブを開催

【今、この人に会いたい!】松下洸平さん ※秘蔵フォトギャラリーあり

松下洸平
舞台でも活躍する実力派。戸田恵梨香さん演じる『スカーレット』のヒロインのパートナー十代田八郎役で、念願だったNHK連続テレビ小説に初出演を果たした。

NHK連続テレビ小説『スカーレット』で、ヒロイン喜美子のパートナー役の八郎を好演した松下洸平さん。素晴らしい歌声でミュージカルでも活躍している注目の実力派が、大阪と東京でライブコンサートを開きます。実はシンガーソングライターでもある松下さん。その魅力に迫ります!

――人気急上昇中の松下さん。もともとはシンガーソングライターとしてデビューされたのですね。

「はい、デビューは音楽でした。2008年のことなので、12年くらい前になります。ただ、俳優の仕事を始めてからは、音楽活動といえば年に1度のワンマンライブくらいで、1年の間に出会った人や作品から得たこと、感じたことを、そこで音楽に変換するような作業をしていました。そのライブも2017年以来3年ぶりなので、今は思い出しつつ、なおかつ楽しみながら、3年の間にたまった思いと音楽に久々に向き合っている日々です」

――今回のライブは、どんなものになるのでしょう?

「会場が今までよりかなり大きいので、何を準備して、どういう心構えでそこに立てばいいのか、正直、僕もよくわからないんですけれども(笑)、音楽活動を一からもう一度やり直すような気持ちで、新しい僕の音楽をお届けしたいと思っています。バンドにも新しいメンバーが入りますし、楽曲も今、過去に作った曲を全部アレンジし直して、よりクオリティの高いものにしているところです。ライブでは、それに加えて新曲も披露できたらいいなと」

――ご自身にとって音楽はどういう存在ですか?

「自分らしさを見つける、一番のツールのような気がします。俳優業で重要なのは、いかに役になれるか。作品ファースト、役ファーストになることだと思うんです。でも曲作りでは、パーソナルな部分と向き合って、今自分は何をしたいのか、どういう音楽をやりたいのかを問いかける作業が必要になる。自分自身と対話しているような感じです」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年5月号 4月1日発売

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading