インタビュー・レポート

【特別対談】市川海老蔵×森山未來~次なるチャレンジへ~『オイディプス』開幕!

市川海老蔵さんが、10年ぶりに現代劇に挑戦。数あるギリシャ悲劇の中でも傑作と謳われる『オイディプス王』を原作とする舞台で、運命に翻弄される王を、どう演じるのか。今回、初共演となる森山未來さんとの対談を通して、新しい『オイディプス』を探ります。アンバサダーを務める「ルイ・ヴィトン」の着こなしもお楽しみに。

「ギリシャ悲劇の傑作に挑戦します」

市川海老蔵さん

「ルイ・ヴィトンとは、2004年に11代目市川海老蔵襲名フランス公演をサポートしていただいてからのご縁です。アトリエを訪ね、5代目のパトリック氏、息子のブノワ氏とお会いし、一族で伝統を継承していこうとするその精神に感銘を受けました。アンバサダーを務めさせていただいているのも一流ブランドだからということは関係なしに、創業家の皆さんの人間性や姿勢が現代にも通じているからです」レイヤーコート75万円 シャツ16万8000円 パンツ13万6000円 靴12万4000円/すべてルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

国やジャンルを超えた才能が集結し、新しい『オイディプス』に挑む

父を殺し、母を娶(めと)るであろう——

あまりにも残酷で理不尽な予言と運命に翻弄される王の物語。戯曲『オイディプス王』がソポクレスによって書かれたのは、紀元前5世紀のこと。

以来、気が遠くなるほどの長きにわたって、このギリシャ悲劇の傑作は連綿と上演されてきました。そして2019年、日本にまったく新しい悲劇『オイディプス』が誕生します。

オイディプス役 市川海老蔵

コート47万5000円シャツ7万5000円 パンツ13万6000円/すべてルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)

【オイディプス役 市川海老蔵】
「自分のやりたいことに正直、それが森山さんのイメージかな」—海老蔵さん

オイディプスを演じるのは、歌舞伎俳優、市川海老蔵さん。オイディプスに救いを請う市民たちのリーダーを、森山未來さんが演じます。

翻案と演出を手がけるのは、劇作家、俳優としても活躍するマシュー・ダンスター。英国演劇界を代表する実力派が、同じくイギリスで注目を集める気鋭のクリエイターたちを束ね、日本での初演出に挑みます。

リーダー役 森山未來

【リーダー役 森山未來】
「はい、最近はどんどんそんな感じになってきました(笑)」—森山さん

さて、初共演のお2人。伝統を守りかつ革新を恐れず、歌舞伎の未来を見据えて獅子奮迅の活躍を見せる海老蔵さんと、俳優としてだけでなく、ダンサーとしての存在感にも磨きがかかる森山さん。

フィールドは違えど、同時代を生きる表現者としてお互いの存在を認め合うお2人の才能や個性が、ギリシャ悲劇の舞台でどんなふうに躍動するのでしょう。

時代設定は、なんと未来。そして、歌舞伎、ダンス、演劇の世界から集結した多彩なキャスト、と森山さんも「未知も未知」と唸ることしきり。これまで誰も見たことのない『オイディプス』が幕を開けます。

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading