インタビュー・レポート

“幻の”カフカ作品を舞台化!? 演劇界の鬼才が放つ新作に瀬戸康史さんが出演!

【インタビュー連載】「今、この人に会いたい!」瀬戸康史さん ※サイン入りチェキプレゼント! 秘蔵フォトギャラリーあり


『ルパンの娘』はフジテレビ系で毎週木曜22時~放送中。深田恭子さん演じる泥棒一家の娘と、瀬戸さん演じる警察一家の息子の恋を描くコメディだ。

連続ドラマ『ルパンの娘』も大好評の瀬戸康史さんが舞台に出演します。タイトルは『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』。いまや日本演劇界を代表する劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)さんが、実際には存在しないフランツ・カフカの4作目の長編小説の遺稿を舞台化する……という話題作です。さて、その心境は?

――KERA作品初参加だった前作『陥没』(2017年)では、難しい役どころをチャーミングかつピュアに演じて新たな一面とコメディセンスを発揮した瀬戸さん。今回のオファーを聞いてどう思われましたか。

「嬉しかったですね。KERAさんには個人的にとても感謝しているんです。作品に自分を使ってくださったこともそうだし、そこで映像ではできないような表現をやらせてもらって、さらに自分ではわからない一面も見つけてもらって……。こうしてまた呼んでくださって、本当にありがたいです」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2020年1月号 11月30日(土)発売

新春特別付録つき!

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading