インタビュー・レポート

映画『こはく』で大橋 彰(アキラ100%)さんが圧巻の演技を披露

【連載】「今、この人に会いたい!」大橋 彰(アキラ100%)さん ※サイン入りチェキプレゼント! 秘蔵フォトギャラリーあり

アキラ100%としてR-1ぐらんぷりで優勝し、注目を集めた大橋 彰さん。映画出演は2017年以来2作目。本作で初めて大役を演じる。

台本を読んで、思わずマネージャーに確認。「役名間違えてない?」

横尾初喜監督が実体験をもとに半自伝的なストーリーを作り上げ、故郷の長崎県で撮影した映画『こはく』。幼い頃に姿を消した父を探し求める兄弟に、井浦 新さんと大橋 彰さんが扮します。大橋 彰さんと聞いてピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。大橋さんは、ピン芸人として活躍中のアキラ100%さん。もとは俳優を志していたという大橋さんが、職に就かず虚言癖のある兄・章一役を演じています。

大橋さんは、横尾監督の『ゆらり』にも出演。ただ、そのときは「車のセールスマン役で、出演も1シーンだったんです。だから、今回もお話をいただいたときに、また1シーンとかかなと思ったんです」と大橋さん。ところが、役名を頭に置きつつ、台本を読んでみると「めちゃくちゃセリフがあったので、マネージャーに“役名間違えてない?”って聞きました(笑)」。「あまりにもセリフが多くて、キーになる人物だったので、びっくりしました」というのがオファーを受けた際の最初の気持ちだといいます。

「20代の頃は役者になりたくて、舞台とかいろいろやってましたけど、それは諦めてお笑いを始めて。ピン芸人は、自分で考えたネタを自分でしゃべるので、変な話、間違えてもお客さんにはわからないんですよね。それでずっとやってきましたから、“こんなにセリフ、覚えられるかな”とか、そういう不安がめちゃくちゃありました」

Ranking今週の人気記事 ベスト5

家庭画報 最新号

2019年7月1日(月)発売

軽井沢で涼を楽しむ『家庭画報』2019年8月号

一部地域は輸送の関係で発売が遅れる可能性があります。

© SEKAI BUNKA PUBLISHING INC. All rights reserved.

Loading